カドカワBOOKS<br> 限界集落・オブ・ザ・デッド

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

カドカワBOOKS
限界集落・オブ・ザ・デッド

  • ISBN:9784040725390

ファイル: /

内容説明

死んだ人間がみな亡者『留人』となる世界。ある限界集落に、留人の群れが押し寄せる。住民の平均年齢、70歳以上。対留人のスペシャリスト恐山を筆頭に、老人たちの命がけの戦いが幕を開ける!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ア・トイロッテ(各短編の評価はコメントで)

10
★★★ 6 設定は素晴らしいと思う。限界集落に現れる羆という現実のシチュエーションにゾンビパニックを組み合わせるという設定は秀逸。ゾンビ達に立ち向かう老人達はとても格好いい。短めな物語であったため急展開しすぎるように見えた。まるで映画のようだった。2018/10/10

文太

3
死んだあとに甦り、人間の血肉を求める留人となってしまう世界。おくりびとと呼ばれる対留人のスペシャリスト。おくりびとをしている恐山が暮らす限界集落、木帰町。そこを留人の群れが襲う。パワフルな老人たちと留人の攻防。普通のゾンビものとは一味違っておもしろい。「生まれてしまった以上は、生きなければならないのだから」という、逞しく日常を過ごす姿勢は見習いたい。2019/12/17

nd

2
人が死すとあたかもゾンビのように蘇り、あたかもゾンビのように他者を攻撃する「留人」になってしまう世界。死者を、留人を、脳を破壊することで人に戻す「送り人」である老人・恐山のもとに孫が家出してきた。そしてそれは、これから始まる未曾有の危機の予兆に過ぎなかった……というあらすじ。いかにもホラーゲームのプロットという感じ。限界集落で日本家屋で死者が蘇ってホラーとか聞くと某赤い水だし、大体合ってる。ヒトの三大欲求である「かっこいい老人を見たい欲」は充足できるので、その点はおすすめできる。2017/12/29

黑猫

1
2020年6月30日読了2020/06/30

TOMO

0
☆☆☆☆2019/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12453128

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。