平凡社ライブラリー<br> ぼくが医者をやめた理由 つづき

個数:1
紙書籍版価格 ¥875
  • Kinoppy

平凡社ライブラリー
ぼくが医者をやめた理由 つづき

  • 著者名:永井明【著】
  • 価格 ¥875(本体¥796)
  • 平凡社(2017/12発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「ドクター、もういいんだよ」-あのとき、ぼくは、何と答えればよかったのだろう。ふたたび問う、医者とは、医療とは。

目次

患者を投げ飛ばしてしまった話
強制退院した矢野さん
肺が働かなくなった人たち
三島さんが作った白いバラの花
老人患者が好きな理由
英国爺ボイドさんは延命治療を拒否した
医者がガンで死ぬとき
墨田さんの胸をどうして開けるのか
からだを診る、心も診る