平凡社ライブラリー<br> ぼくが医者をやめた理由

個数:1
紙書籍版価格 ¥875
  • Kinoppy

平凡社ライブラリー
ぼくが医者をやめた理由

  • 著者名:永井明【著】
  • 価格 ¥875(本体¥796)
  • 平凡社(2017/12発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「もう一度病室に入って、ちゃんと話をしろ。そうしなきゃだめだ」。十年で医者をやめた著者が、医者と患者、生と死の現場を人間味豊かにつづる。解説=徳永進

目次

プルス!ドゥルック
注射は苦手だ
松島君、主治医はぼくだ
恐怖の初当直
三時十分に死んだ上山さん
ふたりの白血病患者
安川さんは謝らなくていい
廊下とんびのゲンちゃん
肺がんのきよばあさん
人が自殺をするわけ
ときには名医たりうる
突然の大出血はきらいだ
手術場というところ