きのふの東京、けふの東京

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy

きのふの東京、けふの東京

  • 著者名:川本三郎【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 平凡社(2017/12発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

岩淵、参宮橋、四つ木、小岩、抜弁天…。やがて失われゆく、懐かしき東京の気配を探して、またきょうも小さな町を歩く。

目次

1 けふの町を歩く(岩淵
参宮橋
町屋
江北
六本木一丁目
浮間
四つ木
八広
有楽町
抜弁天
聖蹟桜ヶ丘
久我山
青戸
竹ノ塚
千住関屋
堀切菖蒲園
小岩
一之江
妙法寺
狛江
新小岩
武蔵境
西麻布
落合)
2 きのふの盛り場(千住、下町のフィールド・オブ・ドリームス
上野、敗者に優しい町
御茶ノ水、名探偵とモダンガール
東京昭和三十年代建築の時代
新宿、ガスタンクと浄水場とドヤ街
東京駅界隈
錦糸町・両国、総武線の東側
かって神保町界隈にあった映画館のこと
池袋は今日も戦後だった
阿佐谷、相撲の町
新橋、東京の真ん中にある下町)
3 作家たちの東京(林芙美子「市外」に生きる
小津安二郎 東京への違和感
溝口健二の東京下町
芝木好子の洲崎
永島慎二が描いた若者たち
向田邦子と久世光彦の「あの頃」
荷風の愛した寺
荷風の旧幕びいき
深川荷風のいた風景)