ナイチンゲール (新装版)

個数:1
紙書籍版価格 ¥814
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ナイチンゲール (新装版)

  • 著者名:村岡花子【文】/丹地陽子【絵】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2017/12発売)
  • 【Kinoppy】講談社書籍ほぼ全点ポイント増量キャンペーン(~2/3),もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784061499195

ファイル: /

内容説明

1820年、フローレンス・ナイチンゲールは、イタリアのフィレンツェで、両親の旅行中に生まれました。家庭はイギリスの裕福な階層で、貧しい人々、病気で苦しむ人々に接するうち、看護の仕事へ興味を抱きます。クリミア戦争が起こると、ナイチンゲールは国からの要請で、現地のイギリス軍の病院で働くことに。 活躍は本国でも報道されました。その後、看護学校を設立、同時に職業としての地位向上にも尽力しました。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆのん

59
【児童書】誰もが名前だけは知っているナイチンゲール。今年、生誕200年。女性が仕事を持つ事さえ否とされていた時代の話。仕事だけでは無く、好きな観劇でさえもとことん突き詰める探究心と芯の強さに感銘を受ける。困難な道をブレる事無く進む姿は神々しささえ感じる。2052020/09/05

ゆい

1
読みやすくて分かりやすかったです(*^^*) ナイチンゲールは昔他のものを読んだ記憶があったのですが、初めて知ることばかりで…ナイチンゲールじゃなかったのかな?(笑) 観劇を観てうっとりするだけでなく楽譜や台詞などを研究したナイチンゲール。 私も好きなものやお仕事を彼女みたいに徹底的に研究してみたいと思いました。2018/03/17

とうふ

0
短くまとめられていて短期間で読めるのが良い 。ナイチンゲールについてよくわかった。2017/11/29

あきら

0
20190084 自分の信念を曲げずに、こんなにも仕事に打ち込む事が出来るだろうか。人間としての器が違いすぎて尊敬とかいうレベルでは足りない。 2019/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12344747

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。