注文をまちがえる料理店【お試し読み】

個数:1
  • Kinoppy

注文をまちがえる料理店【お試し読み】


ファイル: /

内容説明

【お試し読み】
完全版は11月10日に出版です。
(電子書籍発売)
まずは、お気軽に無料試し版をお読みください。

~~~~~~~~~~~~~~~~

「注文をまちがえるなんて、変なレストランだな」
きっとあなたはそう思うでしょう。

私たちのホールで働く従業員は、
みんな認知症の方々です。
ときどき注文をまちがえるかもしれないことを、
どうかご承知ください。

その代わり、
どのメニューもここでしか味わえない、
特別においしいものだけをそろえました。

「こっちもおいしそうだし、ま、いいか」
そんなあなたの一言が聞けたら、
そしてそのおおらかな気分が、
日本中に広がることを心から願っています。

――「注文をまちがえる料理店」に掲げられたステートメントより


2017年6月。
日本のみならず世界中の話題をさらった
レストランがありました。

その名は「注文をまちがえる料理店」。

接客をするのは“認知症を抱える人”。
まちがえることを受け入れて、
まちがえることを一緒に楽しむ。
この不思議であたたかいレストランの
ものがたりを1冊にまとめたのが本書です。

I部ではこのレストランで
本当にあったお話(物語)を、
II部ではこの企画の発起人である
小国士朗氏による解説ならびに
レストランにかける思いを掲載しています。

忘れちゃったけど、まちがえちゃったけど、まあいいか。


■目次

●Prologue 「注文を間違える料理店」ができるまで

●第I部 「注文を間違える料理店」で本当にあったものがたり

●第II部 「注文を間違える料理店」のつくりかた 

●Epilogue 「注文を間違える料理店」のこれから


■著者 小国士朗
「注文をまちがえる料理店」発起人
テレビ局ディレクター。
1979年生まれ。東北大学卒業後、2003年に某テレビ局に入局。
2013年に心室頻拍を発症。
テレビ番組を作るのが本当に大好きで相当なエネルギーを注いできたが、
それを諦めなければならない事態になり、一時はかなり悩み落ち込む。
しかし、「テレビ局の持っている価値をしゃぶりつくして、社会に還元する」
というミッションのもと、
数々のプロジェクトを立ち上げ、
いつしか局内でもテレビ番組をまったく作らない、
おかしなディレクターとして認識されるようになり、
ついには専用の部署までできることに。
「注文をまちがえる料理店」はとある取材時に思いついたことを形にしたもの。
好物はハンバーグとカレー。