日本人のための第一次世界大戦史(毎日新聞出版) - 世界はなぜ戦争に突入したのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,160
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

日本人のための第一次世界大戦史(毎日新聞出版) - 世界はなぜ戦争に突入したのか

  • 著者名:板谷敏彦
  • 価格 ¥1,699(本体¥1,574)
  • 毎日新聞出版(2017/11発売)
  • 勤労感謝の日 Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/26)
  • ポイント 375pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本人の視点から第一次世界大戦とその時代を俯瞰する類をみない一冊。戦場が遠かったので、日本人にとっては縁遠い感もある第一次世界大戦だが、そこには、日英同盟を軸にしたたかな外交で強国の地位を確立していく日本の姿があった。技術や産業が発達し人や金が国境を越えるグローバリゼーションが完成した時代、平和と繁栄を享受していた世界はなぜ戦争に突入したのか。戦争を生み出した「第一次グローバリゼーション」の世界を、金融、産業、技術、メディア等、国際金融のプロならではの視点から読み解いていく。