ハーレクイン<br> 暗黒王子の白き花嫁

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン
暗黒王子の白き花嫁

  • ISBN:9784596132857

ファイル: /

内容説明

大切な息子を奪われたくない。黒い噂のつきまとう冷酷な王子にだけは。

ついに父との約束を果たす日がやってきた。ルシアーナはこれから、政略結婚の相手と正式に婚約するのだ。5年前、彼女は酔漢から救ってくれたセインと恋に落ちた。だが、彼がルシアーナの一族の敵、ガランシア国の王子だと気づき、泣く泣く黙って姿を消した──妊娠しているとも知らずに。秘密裏の出産と引き替えに、ルシアーナは冷酷な父と取り引きした。母子で過ごすのは5年間だけ。あとは言いなりになると。まさにプロポーズを受ける瞬間、別の男の人影が現れた。セイン!凍りつく彼女をリムジンに押し込むと、セインは悠然と走り去った。■気鋭の新人作家ヴィクトリア・パーカーの、ドラマティックなロイヤル・シークレットベビー・ロマンス! “暗黒王子”と呼ばれ恐れられているヒーローは、まさか自分に息子がいるとは知らないまま、ヒロインをさらって……。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kuro neko

2
ハーレクインのヒーローって結構、身勝手で女性関係が信用できなくて好きじゃないんだけど、この小説のヒーローは誠実さがあった。女性に対してだらしなくないし、苦悩しているシーンが常にあった。憎みつつも、自分が見ている現実が本当にすべてなのかと疑い真実を求める姿に応援したくなった。ヒロインとヒーローとの間で価値観のズレが生じたため、起きてしまった別れ。ヒロインは身分に強くこだわっていた。そして子供に対して不安を感じさせるものが僅かでもあれば排除しようとする潔癖さ。2018/07/07

Ogicch

0
後先考えずにその場の思いつきで行動する思慮に欠けるヒロインだった。一国を統治する人間にしてはあまりにも浅はか。妹に後を譲って、国民も一安心だろう。ってか、最初っから妹を後継者にしてたら、こんなにややこしくなんなかったんでは?2019/10/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12313845

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。