ベクトル空間からはじめる抽象代数入門 - 群体テンソルまで

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,860
  • Kinoppy

ベクトル空間からはじめる抽象代数入門 - 群体テンソルまで

  • ISBN:9784627081918

ファイル: /

内容説明

「掃き出し法やランクの計算はできるけれど,ベクトル空間の抽象論になったとたんにわからなくなった」
「群や体についてはひと通り学んだけれど,議論を追うのが精一杯で,イマイチ理解できた感じがしない」

こんな経験はないでしょうか?
本書では,具体的な計算図形的な意味ベクトル空間との関連などを通して,こうした「抽象代数」の概念を実感もって理解できるようになります.

〈本書の特長〉
ベクトル空間は,理解しやすい数ベクトルから始め,だんだん抽象度を上げて解説.
そのほかの抽象代数の概念(群体テンソル)は,ベクトル空間に関連付けながら解説.

目次

第I部 数ベクトル空間
第1章 n次元の空間を理解する
第2章 空間を測る
第3章 行列による変換を視覚的に見る
第4章 表現行列と基底変換
第5章 最適な基底での線形変換

第Ⅱ部 群と体の幾何学
第6章 群と行列
第7章 複素数と四元数と回転

第Ⅲ部 抽象ベクトル空間
第8章 抽象的なベクトル空間
第9章 テンソル積とテンソル空間

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Z

6
ちょっとした予備知識はいるが、問題→解法→一般化といった形で、ベクトル空間、抽象代数、テンソル空間を解説していく形の本で、分かりやすいと思う。四元数(ベクトルが生まれる前に使われた、複雑な演算を備えた数の組)が具体的にゲームのプログラミングに使われているとは知らなかった。2018/10/04

こたろう

2
誰向けにどの用途で書かれた本かナゾ…少なくともこの本だけで、行列、群論について学ぶのは難しく、説明も部分的なものが多く、また例題・図による解説も少ない。説明がわかりやすいわけでもないので、他の良書を読んだ方が、時間とお金には良い。2018/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12315402

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。