幻冬舎文庫<br> それを愛とは呼ばず

個数:1
紙書籍版価格 ¥737
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

幻冬舎文庫
それを愛とは呼ばず

  • 著者名:桜木紫乃【著】
  • 価格 ¥700(本体¥637)
  • 幻冬舎(2017/10発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344426559

ファイル: /

内容説明

妻を失った上に会社を追われ、故郷を離れた五十四歳の亮介。十年所属した芸能事務所をクビになった二十九歳の紗希。行き場を失った二人が東京の老舗キャバレーで出会ったのは運命だったのか――。再会した北海道で孤独に引き寄せられるように事件が起こる。そこにあったものは「愛」だったのか? 驚愕の結末が話題を呼んだ傑作サスペンス長編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あすなろ

94
新潟と南神居町。亮介と紗希。なかなか凄味のある作品。桜木氏のまた違う一面を見せられた。それを愛とは呼ばすという題名とラスト寸前に至る迄、恋愛的小説かと思えば最後にこの題名の台詞が出て来る。そこで一気に赴きを変えてお仕舞い。まあ、何となくは分かりましたがこの落としはすごいなと感じ入って読了。2020/11/08

machi☺︎︎゛

88
最後まで読んでタイトルに戻るみたいな話だった。10歳年上の奥さんを失った亮介と若くてキレイな紗希との恋愛小説だろうと読み始めたら全然違った。紗希の静かだが強い狂気が怖かった。最後までいい意味で裏切られる展開と、北海道や新潟の雰囲気がピッタリの本だった。 2018/11/29

アッシュ姉

87
夢破れ、居場所をなくした男女が奏でる哀しい旋律。行き場を失ったもの同士が吸い寄せられるように出会ったのは運命か。いまにも崩れ落ちそうなほどあやうく、もろく儚い気配が色濃く漂うなか、緩やかに忍び寄る逢魔が時。ある予感をもって迎えた終章。私の予想は見事にはずれ、そっちかーいと天を仰ぐ。「それを愛とは呼ばず」…ええ、呼びませんとも!桜木さんにしては随分あっさりと思いきや、まさかの展開に驚嘆。忘れられない結末に心のざわめきが治まらない。2017/12/05

JKD

71
生命力の強い女性が放つ蜘蛛の糸に絡まる男たちの安心感と不安。価値観の違いによる驚愕の結末とタイトルが一致する心地よさ。色恋もなければ凄惨な事件もなく静かにゆっくりと時間が流れていく独特のタッチはクセになります。2017/10/15

カブ

66
ありがちな出会いの男女。男は10歳年上の実業家の妻を失くし、女はタレントとしては成功せず事務所を追われる。そんなふたりが、東京の老舗のキャバレーで出会う。寂しさが人を引きつけるのか。女の病的なところが好きになれず、最後まで嫌な感じ。結末に驚くが、こんなの愛じゃない!!2017/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12342913

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。