文春e-book<br> 人生エロエロだもの

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,375
  • Kinoppy
  • Reader

文春e-book
人生エロエロだもの

  • 著者名:みうらじゅん
  • 価格 ¥1,018(本体¥926)
  • 文藝春秋(2017/10発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784163907376
  • NDC分類:914.6

ファイル: /

内容説明

男は度胸、女は愛嬌、なんてキャッチフレーズは、いつの時代のものだろうか? 今ではすっかり男は煩悩、女は本能で生きている……。

少年時代のときめき、初めてできた恋人との甘酸っぱい思い出、キャバクラやSMバーの出来事、美術や映画のエロ目線考察などなど「人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた」の書き出しでおなじみ、「週刊文春」人気シリーズ第三弾!
ついに「老いるショック」現象がおきはじめた著者は、おじさんではなく、美魔女を目指すことに!?

エロの中に笑いあり、ペーソスあり、涙あり!
エロエロエッセイの巨匠、みうらじゅんの筆がますます冴えわたる!

編集長就任が決まった途端、「連載お願いします、エロで」と依頼をした新谷学編集長と、その期待に応えようと自らの性体験を暴露しまくる「一人文春」みうらじゅんとの「セルフ文春砲対談」も収録。
「親しき仲にもスキャンダル」の精神でスクープを連発し続ける編集長の「今まで経験した人数は、何人くらいなんですか?」という質問に、みうらはどう答えるのか!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

美登利

90
あれれ。これ3作目なのね!2作目読んで無かったわ。みうらさんの若い頃の写真をネットで見て、これはモテたのも納得。内容的には1作目とそれほど変化もなく、本当のことなのか創作なのか分からない部分もあるし実際男にしか分からないのだろう。実にくだらなくてアホらしいな思うこともあるけど笑えるんだ。でもエロ話ばかりじゃないのよね。「世界は女の機嫌で動いている」うーん、いい言葉です。 2018/03/10

GAKU

52
週刊文春連載「人生エロエロ」の第3巻。3巻目ともなると、ちょっとパワーダウンの感も。以前どこかで読んだようなネタもチラホラ。やはり1巻目が一番面白かった。2018/01/27

テクパパザンビア

29
面白かった。人生エロエロ、されど、だもの、色褪せぬ面白さ。老いるショックはあるが青春の思い出しながら楽しめた。「LALALAND」がハリウッドの俗称だとは勉強になった、「PとJK」も「Logan」も観たから納得した。2019/09/04

ga

19
娘の中間テスト結果に小言を言いたくなる夕方・・・いや、実際ため息つきながら言っていたんだけど、片手には読みかけの本書。威厳もへったくれもあったもんじゃないという我が家の昨日のヒトコマ。 さて本題、内容は歳を重ねても人間そうそう変わらない事を悟れる下世話良書。MJ(ファンはそう呼ぶ)も美熟女目指したり、いとうさんとのカップル狙いなど多少方向性に迷いがあるものの安定の一言。前作からの続編・工場ネタは最早プロジェクトXで脳内再生される感動もの。巻末の対談も面白かった。どうぞなにとぞ末長く♡2017/11/15

zen1ro

12
外で読み 挿絵とタイトル 気にしちゃう2018/08/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12289972

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。