さあ、子どもたちの「未来」を話しませんか~2017年告示 新指針・要領からのメッ - セージ~

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,296
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

さあ、子どもたちの「未来」を話しませんか~2017年告示 新指針・要領からのメッ - セージ~

  • 著者名:汐見稔幸【著】/おおえだけいこ【イラスト】
  • 価格 ¥1,166(本体¥1,080)
  • 特価 ¥816(本体¥756)
  • 小学館(2017/10発売)
  • 梅雨空に負けるな!Kinoppy 電子書籍/電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/28)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

指針・要領に込められた思いがよくわかる。

子どもたちを取り巻く社会や世界の情勢が急速なスピードで変化する時代になりました。
この激動ともいえる時代で、私たちは子どもたちを育てています。この子たちの未来は大丈夫なのか、もっと時代に即した育ちが必要なんではないか、そう考えた欧米を中心とした国々は、国家戦略として子どもたちの幼児教育を考えました。
今回の「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」の改定は、世界のそのような動きに呼応するものです。
本書は、「指針」と「教育・保育要領」の改定にかかわった汐見稔幸先生が、それらに込めた思いを、わかりやすく解説したエッセイです。
まず、対応が迫られている「環境・社会の変化」とはどのようなものかから説き始めます。それはすなわち世界が保育・幼児教育に投資する背景でもあるからです。
そして日本の現状はどうなっているかを伝え、それを踏まえて、3つの指針・要領がどう改定されたのかをくわしく説明します。
わかりにくい箇所は、イラストを多用して、できるだけやさしく解説します。読めば「なるほど、今回の改定の意味はこういうことだったのか!」と納得できる作りとなっています。