角川文庫<br> 遺譜 浅見光彦最後の事件 上

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
遺譜 浅見光彦最後の事件 上

  • 著者名:内田康夫【著者】
  • 価格 ¥748(本体¥680)
  • KADOKAWA(2017/09発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041059371

ファイル: /

内容説明

本人の知らぬ間に企画された浅見光彦34歳の誕生日会。初恋のひとである稲田佐和との再会に心躍る浅見は、美貌のヴァイオリニスト、アリシア・ライヘンバッハからボディガードを頼まれる。一度は断ったものの、陽一郎からの要請でアリシアのコンサートが行われる丹波篠山に赴くことに。彼の地で彼女の祖母の遺譜を捜索するが、手がかりである「インヴェ」に繋がる男が殺され浅見に嫌疑がかかり!? 国民的名探偵〈最後〉の事件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あつひめ

60
浅見光彦シリーズを読むとなぜかホッとする。これは作者に対して失礼になるのかもしれないけれど、私にとって安心して読めるミステリーなのだ。今回は懐かしいヒロインたちも登場して過去の作品を思い出すきっかけにもなった。タイトルが浅見光彦最後の事件…とても下巻が気になる。どんな展開が待ち受けているのかとても楽しみでもある。2018/01/16

いーた

17
思えば10数年振の浅見光彦シリーズ。学生の頃に当時、刊行されていた文庫はほとんど読んでいたのが、懐かしい。久しぶりに読んだらいつのまにか光彦は自分より年下になっていて、時の流れの速さを感じてしまいます。今回のヒロインは稲田佐和ではないのだけれど、初めて読んだ作品は平家伝説殺人事件だっただけに、そのヒロイン佐和がのこの作品に登場しているのは本当に嬉しいの一言。光彦にとってもある種特別のヒロインだけれど、自分にとっても同様の気持ちを持っています。この作品は上下巻構成になっているので下巻読書後の感想にします。2017/12/29

との@恥をかいて気分すっきり。

11
感想は下巻で。2017/10/29

mim

9
ヒトラーユーゲント まだ展開が読めない2020/03/17

鉄人28号

9
☆☆☆☆ 浅見光彦34歳の誕生パーティーから始まる。光彦の誕生祝いは、光彦への突然の招待状によって開催された。そこには、これまで光彦が関わった事件で出会ったヒロインや刑事たち、それに光彦の母、雪江も招かれていた。その会を通じて光彦にあるミッションが与えられた。それは、ドイツの有名な指揮者、フルトヴェングラーの遺譜をドイツのある人に届けて欲しいというものであった。その遺譜は何を意味するのか、その背景には大戦時のドイツと日本との関係があった。謎に惹かれて一気に読み終えた。2017/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12289264

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。