最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか

  • 著者名:ジェームズ・R・チャイルズ/高橋健次
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 草思社(2017/09発売)
  • 晩秋のウィークエンド Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン(~11/19)
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

現代における最も危険な場所の一つが巨大システムの制御室である。 原子力発電所、ジャンボ機、爆薬工場、化学プラント、核ミサイル基地…… 技術発展に伴い、システムはより大きく高エネルギーになり、人員はより少なくて済むよう設計されたが、事故が起これば被害は甚大になる。巨大システムが暴走を始めたとき、制御室で人びとは何をするのか、何ができるのか。 最悪の事故を起こすシステムと、その手前で押さえ込むシステムとの違いは何か。 50余りの事例を紹介しつつ、巨大事故のメカニズムと人的・組織的原因に迫る。