「野球」の誕生 球場・球跡でたどる日本野球の歴史

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

「野球」の誕生 球場・球跡でたどる日本野球の歴史

  • 著者名:小関順二
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 草思社(2017/09発売)
  • 2月最後の週末!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~2/28)
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

野球史を知ることは、野球をもっと面白くすることにつながる。 俳人・正岡子規が打って走った上野の球場から、スタルヒンが投げた大宮公園球場、第二次大戦中“最後の早慶戦”の舞台となった戸塚球場、満潮になると水が出た洲崎球場跡地など15の球場をたどる。 日本野球史の事件簿を豊かなエピソードで綴る、無類に面白い野球エッセイ。 貴重な資料写真と、現地を訪ね歩ける地図も多数挿入。