法学教室ライブラリィ<br> 憲法学再入門 [固定版面]

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,052
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

法学教室ライブラリィ
憲法学再入門 [固定版面]

  • 著者名:木村草太【共著】/西村裕一【共著】
  • 価格 ¥2,052(本体¥1,900)
  • 有斐閣(2017/09発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 475pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

法学教室・好評連載の単行本化。あいまいな理解となりがちなテーマについて,その基礎概念から理解の基盤を作り直し,再入門をうながす。単行本化にあたり「憲法判断とは何を判断することなのか?」を新たに追加したとともに,両著者が互いのパートについて解説した「解題」も新たに収録。

●目次
【統治機構編=木村草太】
第1章 国民の意思と人格─帰報:統治機構の,いや法学の基礎知識
第2章 政治の領域における国会と内閣─主権者国民と権力分立とではどっちが偉いのか?
第3章 法の領域における国会と内閣─法の支配のプロジェクト
第4章 法の領域における裁判所─暗闇での裁判官の華麗な跳躍
第5章 独立性のある行政機関─委員会,裁判所,自治体,そして専門職
第6章 憲法の妥当性と憲法保障─なぜ君は頭からコーヒーをかぶらないのか?
補 章 憲法判断とは何を判断することなのか? ─合衆国皇帝ノートン閣下ヨリ処分違憲ナル勅命ヲ拝ス
/解題 木村憲法学における創造と正統性〔西村裕一〕
【人権編=西村裕一】
第1章 人権なき人権条項論
第2章 「審査基準論」を超えて
第3章 まなざしの憲法学
第4章 表現の自由論─その魔力からの解放について
第5章 社会的権力への懐疑
/解題 自由と公共の距離─西村裕一「人権と公共性」論・再考〔木村草太〕

※この商品は冊子版の版面そのままの電子書籍です。レイアウトを変更することはできませんので,大きなディスプレイを備えた端末でのご利用をおすすめします。