集英社文芸単行本<br> あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,836
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

集英社文芸単行本
あのころのパラオをさがして 日本統治下の南洋を生きた人々

  • 著者名:寺尾紗穂【著】
  • 価格 ¥1,652(本体¥1,530)
  • 集英社(2017/09発売)
  • 勤労感謝の日 Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/26)
  • ポイント 375pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

第二次大戦以前、日本の植民地だったパラオ。そこには「南洋庁」という役所があり、日本からの移民と現地島民が織りなす「暮らし」がたしかにあった――。当時パラオに赴任した作家・中島敦の小説をきっかけに、著者が当時の南洋諸島に興味を持ち、実際にパラオへ赴き、日本統治時代を知るお年寄りを訪ねて、当時のエピソードを収集した歴史ルポルタージュ。著者はパラオだけでなく、パラオからの帰国者が集団で移住した宮城県蔵王町の北原尾や、宮崎県小林市の環野にも赴いて、当時の証言を集めた。戦中派が世を去って歴史の記憶が薄れる今こそ、広い世代に読まれるべき貴重なエピソードが詰まった一冊。

目次

七十五年後の南洋へ
マリヤンを知るひと――パラオ放送局・山口さん
オフレコ――ニーナ・アントニオさん
マルキヨク、不思議な符号――アイライさん
二人の日本人――Morikawaと軍医
デレベエシール――パラオの日本語歌謡
パラオ再訪――ナビゲーター・ケルヴィンとの出会い
それぞれのパラオで――北原尾・工藤さん)
少年兵だった――環野・久保さん
あとがき