ワニの本<br> 大間違いの織田信長

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,399
  • Kinoppy
  • Reader

ワニの本
大間違いの織田信長

  • 著者名:倉山満【著】
  • 価格 ¥1,399(本体¥1,296)
  • ベストセラーズ(2017/08発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

◆戦後民主主義のヒーローとしての信長の真実の姿は歪められている?
◆真実の信長像を知ることで、新たな日本史の歴史観が構築される!
◆気鋭の保守の論客倉山満が挑む新境地!

◎信長は権威をないがしろにしたのか?
◎信長は室町幕府を滅ぼしたのか?
◎信長は革新的な人物だったのか?
◎信長は戦争の天才だったのか?
◎権威主義者、勝ちきれない男、土下座名人、無類の働きもの、セコイ……etc.

従来の信長像が打ち砕かれる!
■明治までのエリートには、人の上に立つ者の覚悟がありました。
だから、世界史の奇跡と言われる明治維新を成し遂げ、日清日露の両大戦を勝ち抜き、世界の誰にも媚びないで生きていける強い国、大日本帝国を築き上げました。
しかし昭和になり、エリートが「試験で優秀な成績を取った人」というわけの分からない定義に変わってしまい、
結果、陸軍も海軍も官僚たちも“自称エリート”たちの庇い合いばかりで、誰も責任を負わないまま、敗戦という取り返しのつかない大失敗をおかしてしまいました。
それでも戦前は、まだいい。少なからずの指導者たちが、自らの命を絶ちました。(中略)翻って現代日本、実にグダグダな時代です。
戦争に負けて、負けっぱなし。殴り返す気力すら、失っている。アメリカの持ち物にされたばかりか、ロシアや中国までが「それを俺に寄越せ」と小突き回しに来る。
あまつさえ、韓国や北朝鮮にまで舐められている。
元をたどれば、占領軍のダグラス・マッカーサーが日本人をそういうふうに去勢したのでしょうが、いつまで七十年前の占領軍に責任を押し付けるのか。
いいかげん、自分で強くなる、自分で賢くなる努力を始めるべきではないのでしょうか。
このグダグダな現代を、どう生きるか。私はそのヒントを、本書で織田信長に求めたいと思います。(本文より)

◆本書の内容
はじめに なぜ信長に学ぶのか
第一章 織田信長は戦後民主主義の英雄なのである
第二章 君にもなれる織田信長(今こそ学ぼう! 兵法経営)
第三章 信長は権威主義者だった
第四章 信長は勝ちきれない男だった
第五章 信長はものすごい働き者だった
第六章 信長は日本史最高の土下座名人だった
第七章 信長はものすごくセコイ男だった
おわりに 私はなぜ、こんなに織田信長が好きなのか