オタクとは何か?

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy

オタクとは何か?

  • 著者名:大泉実成
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 草思社(2017/08発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794222725

ファイル: /

内容説明

いまや世界を席巻する「オタク文化」。 かつては異物として排除された時代から、いまではアナタもワタシも「オタク?」の時代へ。 でもその実体は?  「非オタク」自認するノンフィクション作家が、オタクの聖地的ショップで働き、2006年から2017年まで「フィールドワーク」しつつその体験と考察をリアルタイムでレポート。 で、「オタク」とはいったい何だったのか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

伊野

4
未知なる対象へ接近、同化し、また離れて分析する。フィールドワークの手法を用いたルポルタージュ。著者も楽しく同化していたと思われる。「オタクの不在」という主題に対する答えは、理解は出来るが普遍性へ向かっているため些か物足りない感はある。しかしながら、この結論が出るまでの過程が非常に面白く興味深い。オタクの系統分類としての密教型と顕教型というのも確かにあると思った。終盤の共感と感情移入と萌えの話はもう少し掘り下げて欲しかった。2018/11/23

勉誠出版営業部

4
大泉実成さんの『オタクとは何か?』を読了。自身がアニメショップに勤務し、「オタク」と言われる人たちを観察し、タイトルどおり「「オタク」とは何か?」を考察した、一種のルポルタージュ作品。結論には賛否両論はあると思いますが、いわゆる「オタク論」の一つとしてはなかなかに興味深いものでした。2017/11/25

ゆげ

3
「オタク」の定義は何?、というテーマからは離れた内容が多かったが、個人的にはそっちの方が面白かった。1961年生まれで「オタク第一世代」である著者が見てきたオタクの世代の変遷、ゲームショップのオタク店員への潜入取材がとても興味深い。2019/06/28

なべさん

3
ネットでオタク認定された著者が、フィールドワークと称し某レンタルビデオ店でバイトし、オタクたちと交流しつつオタクとは何かを探求する。が、著者が吐露したように、途中からテーマ自体がどうでもよくなっている。ユングを援用した考察よりも、純粋に著者と若者たちの世代を超えた交流の記録として面白い。職場の若者たちとアニメ・マンガ・ゲームに溺れ、仕事と遊びの境界が曖昧になっていくが、読んでいてどこか一抹の切なさを感じるのは、この関係がいつまでも続くことはないからだ。著者のかつての同僚たちは、今頃どうしているのだろう。2019/03/21

おもむけ

1
この著者の多面性は読者の感想にも潜入してくるだろう。警戒を怠るなかれ。そして畏敬の念を。2018/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11710160

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。