悲劇の発動機「誉」

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

悲劇の発動機「誉」

  • 著者名:前間孝則
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 草思社(2017/08発売)
  • 今日はサイバーマンデー!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 360pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794221209

ファイル: /

内容説明

日米開戦の半年前、中島飛行機の若き天才設計者・中川良一は、野心的な高性能の次世代エンジン「誉」を完成させる。 小型軽量ながら当時の世界最高水準を実現したまさに奇跡のエンジンであり、彩雲、疾風、紫電改などの新鋭機に次々と搭載されていく。 だが想定されたハイオクタン燃料が入手できず、原材料の質低下、熟練工の軍隊召集、陸海軍の不手際などによりトラブルが続き、その真価を発揮できることなく敗戦を迎えた。 本書は「誉」の悲劇を克明に追い、現代に連なる日本の技術開発や組織運営が抱える矛盾と問題点を浮き彫りにする。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゲオルギオ・ハーン

28
世界最高水準を目指した戦闘機用発動機『誉』だけに留まらず、開発した中島飛行機の概略、開発や経営について三菱と比較、当時の飛行機用エンジンを開発していたトップ企業の概略そして当時の日本軍(特に海軍)における兵器開発戦略の問題点もまとめたボリュームのある内容。誉の設計者中川氏に直接インタビューもしているが、中島飛行機と誉の問題点を容赦なく指摘している。著者は元IHIのジェットエンジン設計者ということもあって隅々まで逃げることなくはっきりとした説明があって読んでいて気持ちが良かった。2021/08/08

to boy

20
読み応えのある一冊。零戦に搭載された「栄」に続く中島飛行機が開発した発動機「誉」を主軸に、大戦中(さらには日本の)の航空機産業を俯瞰したものです。突出した設計とそれに追いついて行けない工業力。また軍部の暴走など全く余裕のない軍需政策に振り回された技術者達が可哀想になってきます。2015/06/14

m_syo

3
500ページ近い本だが、専門的な技術に偏ることなく、今日にまでつながる組織上の問題点を指摘するなど、非常に面白かった。最先端技術の兵器は、国の総合的な力が無いと育たないのだと実感。それを実現できる技術的な蓄積も実力もなく、背伸びしたエンジンだった。そのような惨状を、当時の指導者たちは認識せずに戦争に踏み切ったという事実が空恐ろしい。「もし紫電改が間に合っていれば」と夢のような話をした本もあるが、それはハナから無理だったということだ。2015/09/20

Lila Eule

3
堀越二郎の零式艦上戦闘機のエンジンに三菱ではなく中島飛行機の栄エンジンが終戦まで使われ、数多くの悲劇を運んだ歴史があるが、後継機の高性能エンジン誉が若い学卒技術者に託され、開発、試作の後、繊細すぎて実用に耐えず、品質劣化のまま、実戦配備され、故障多発、保守繁忙で国力・生産力浪費の悲劇が繰り広げられていたとは・・技術・生産を戦略的に判断できる将官が皆無に近かったとは・・現代の技術人には心配はないのだろうか。2015/07/03

どすきん

2
中島飛行機の立ち位置を初めて知った。陸海軍のわがままを通してしまったのは、そういう訳だったのか。2015/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9680771

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。