文春e-book<br> ほしのこ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

文春e-book
ほしのこ

  • 著者名:山下澄人
  • 価格 ¥1,629(本体¥1,481)
  • 文藝春秋(2017/08発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784163907055

ファイル: /

内容説明

わたしはひとりじゃない。
夜、見上げれば、わたしには
わたしが生まれた
あの赤い星の近くの星が見える。

子どもと、かつて子どもだった人へ贈る物語。
芥川賞受賞第一作!

「生きるというのは永遠に巡ってゆく
回ってゆくのだと、流れるイメージの
中でほしのこが可愛く力強く教えて
くれました。天ちゃん、カッコイイ。」
のん(女優・創作あーちすと)

【出てくる人】
天――海辺の小屋で暮らす少女。父は大雨の日、山から星に帰ってしまった。
ルル――その冬はじめての雪が降った日、小屋にあらわれた女の子。
飛行機乗り――山に、飛行機が落ちてくる。飛行機乗りは、ケガをしている。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

133
当初読むつもりはなかったのですが、図書館新刊コーナーで見つけたので、とりあえず読みました。芥川賞受賞作『しんせかい』に続いて、山下澄人2作目です。本作の方が『しんせかい』よりも芥川賞っぽい趣きです。こりん星から来た小倉優子(ゆうこりん)を想い出しました(笑)先日読んだ芥川賞候補作家、今村夏子の『星の子』と本作の【ほしのこ】対決に関しては『星の子』に軍配を揚げたいと思います。2017/09/28

千穂

48
今村夏子さんの星の子とタイトルが同じだったので図書館新刊コーナーで見つけ気になって読んでみた。ファンタジー?話がどんどん飛んでしまいついていけない。私好みではありませんでした。2017/09/18

14番目の月

37
主人公の女の子にちょっと「モモ」を感じました。全体を見たときにどう理解して良いのか難しくて、何かを感じるということもできずとても残念です。(わたしの至らなさです)2018/05/25

とら

23
山下さんの作品を読むと、些細な問題が本当にどうでもよくなる。ファンタジーはそのまま「現実逃避」をするときに使えたりするけど、その域すら越えて、ファンタジー(現実逃避)なんかよりも壮大な、何かを感じ取ることが出来る。そのメッセージは、もう神とか、命とか、輪廻とか、自分という存在そのものに浸透していく。あとこの作品は、単行本で読んだほうが良いな、とも思った。絵本のようでもある。想像力が豊かで、素直に読める、子供のほうが楽しく読めるんじゃないかなと思った。感覚で読むべき作品。2019/03/20

ふじ

19
ほしのこは、ただにほしのこなのか、はたまた天界までの橋渡し役だったのか。現実が徐々に遠ざかり、夢の中を行ったり来たりするような、感じる物語。2017/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12107299

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。