イノベーションを起こす組織 革新的サービス成功の本質

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

イノベーションを起こす組織 革新的サービス成功の本質

  • ISBN:9784822255060

ファイル: /

内容説明

「優れたサービスをつくりとどけるしくみ」を、「共創の場づくり」と「集合的な実践力」で解き明かす!

■本書の特徴
優れたサービスを創生し成功に導いたサービス提供事業者の「サービス創生過程」「組織形態」を、「物語り編」と「解説編」の2部構成で解説します。
その過程で「イノベーションを起こす組織」の要素である(1)SECIモデル、(2)場、(3)知創リーダーシップの6つの能力、(4)現場リーダーの善い目的や思いを起点とした共創の場づくり、(5)目的や思いを実現する集合的な実践力について、具体的に示します。

■登場するサービス提供事業者
旭川市旭山動物園:「動物たちのいのちの輝き」を伝えたいという共有された思いを実現する共創の場づくりを実現
日本食べる通信リーグ:食べることを核として、生きる実感と人との関わりをつくる生産者と消費者によるコミュニティを創出
株式会社ラクーン:流通業界の売り手と買い手の両方をハッピーにするソリューション提供の場を創出
株式会社フォレストコーポレーション:お客様が心の底から喜ぶ価値を、地域の知恵と伝統を生かし、創意工夫を凝らして提供
有限会社兵吉屋:地域の伝統の継承と活性化への強い思いを基盤にした観光サービスとしての海女小屋レストランを創出
株式会社リブネット:より良い読書経験の提供を通じて子供たちの考える力や感じる力を育み、強い思いで次世代人材を育成
医療法人ゆうの森:僻地でも安心して暮らせ最期は自宅でも迎えられる、地域住民の生活の質を保証する在宅医療サービスを提供
九州産交バス株式会社:現場リーダーの善い目的や思いを起点とした、共創の場づくりを実現

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

イノベーター

9
日本が誇る野中郁次郎先生によるSECIモデルの進化系を読むことができる本です。こう書くと、かなり間口が狭い感じがしますが、実際これまでの作品を読んだ方が理解は深まると思います。 2017/11/25

牧神の午後

3
SECIは知識創造企業からの付合いなんだけど、個々まで進化していたのねえ。イノベーションを起こした企業、とくに中小企業に絞っているので、事例が身近(できるとは言っていない)で親近感がもてるのが良いです。それぞれについての解説も若干くどい感じ(要素としては同じで表出形態が異なるだけ)ですが、判りやすくって◎2018/12/29

Hiroyuki Fujiwara

1
著者の西原氏は知人であり、自身、組織を運営する側にある立場として、心構えを学びたいと思い読んだ。各テーマ毎に物語としての事例があって解説があるのだが、それぞれ成功しているところの本質を理解することができた。顧客が求めているもの(本質)を理解し、何を提供するかを考えること。(ドリルの購入者はドリルではなく『穴』が欲しい。)他社の路線エリアの旅行商品を販売するという九州産交バスの事例は、シェアというスタイルでありこれから企業が共存する大切な動き方だ。今後はビジネスにおいて仮説をたて、実践と改善をしていきたい。2017/09/03

ブー太郎

0
最近、組織の活性化の方法を探す為、この種の本を色々読んでいる。この本の評価は今ひとつ。色々な会社の事例を示してくれていて、それぞれの話はいい話で真似をしたいと思うが、恐らくこの本読んで実践することは出来ないと思う。本の冒頭に理論らしきものを載せてくれているが、その内容がはっきりしない。もしかすると、僕の読解力に問題があるかも知れないので、少し時間をおいて再読してみよう。2021/08/26

Kitamuu

0
実践知、個別具体の文脈でちょうどいい解を見つけること、動きながら考え抜くこと、文脈に即した判断と適時絶妙なバランスができること。置かれた場所で腐らず、驕らず、日々努力して高みを目指す。最も強い原動力がこのより善いを求め続ける思い。理念と人材とシステム、この3つが揃うと質が高まる。造る喜び、売る喜び、買う喜びの三方よしの事業へ。機能的価値は当然として、そこに感覚的・情緒的価値が加わり波及効果を。過去の成功体験への過剰適応が組織を失敗に導く。先入観や偏見を持たないために、知識を脇に置くことは非常に有効。2019/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11972326

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。