マンガでわかる免疫学

個数:1
紙書籍版価格
¥2,420
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

マンガでわかる免疫学

  • ISBN:9784274050091

ファイル: /

内容説明

複雑な免疫のしくみを「マンガでわかる」シリーズでスッキリ理解!


私たちの体には、感染や病気などから体を守るためのしくみ“免疫”が備わっています。本書は、免疫反応の基本的なしくみから、感染症、自己免疫病、アレルギーや、現在関心の高い移植医療などについて触れています。難解な免疫のしくみは、マンガと文章解説でわかりやすく紹介し、読みごたえたっぷりの入門書となっています。

目次

プロローグ

第1章 免疫反応ではたらく細胞たち
1-1 そもそも免疫とは?
1-2 白血球イコール免疫細胞
1-3 体を守る3つの仕組み
フォローアップ
免疫細胞のつくられるところ、はたらくところ

第2章 獲得免疫系の仕組みの根本原理
2-1 自然免疫系と獲得免疫系の違い
2-2 獲得免疫系の5つの特徴 
2-3 抗体レセプターの認識様式
Column 抗体の定義
フォローアップ
抗体の働き
抗原とエピトープ
バーネットのクローン選択説

第3章 自然免疫系による病原体の感知
3-1 自然免疫系の反応
3-2 自然免疫系の全体像
3-3 病原体を攻撃する仕組み
3-4 病原体を感知して警報する仕組み
3-5 自然免疫系から獲得免疫系への橋渡し
フォローアップ
補体について
インターフェロン
無脊椎動物は自然免疫系だけ
ヤツメウナギの有する獲得免疫系

第4章 抗原特異的な反応の仕組み
4-1 免疫反応の役者たち
4-2 細胞の連携の仕方
4-3 病原体に特異的な産生が起こる仕組み
4-4 細胞性免疫の仕組み
フォローアップ
MHCクラスⅠとクラスⅡについて
T細胞とB細胞は病原体の違うところをみていても協同できる
サイトカインと副刺激分子の役割

第5章 多様性の作られ方と自己寛容の成立
5-1 抗原レセプターはとても多様
5-2 多様性と自己寛容
5-3 負の選択:発生過程で起こる自己寛容
5-4 正の選択:はたらける細胞を選ぶ仕組み
5-5 末梢で起こる自己寛容
フォローアップ
T細胞レセプターの構造と遺伝子再構成
抗体分子の構造と遺伝子再構成
T細胞レセプターへの刺激の入り方
胸腺の中でのヘルパー細胞とキラーT細胞への分岐
造血幹細胞からT細胞やB細胞になるまでの道程
ナチュラルキラー(NK)細胞

第6章 抗体産生が起こるまでの仕組み
6-1 リンパ液の流れ
6-2 リンパ液・脾臓・パイエル板の配置
6-3 リンパ球の巡回ルート
6-4 リンパ節の構造
6-5 クラススイッチ
6-6 親和性成熟―抗体の品質向上
フォローアップ
免疫記憶の仕組み
リンパ球の移住のメカニズム
親和性成熟のメカニズム
脾臓の構造
各クラスの免疫グロブリンの機能と分析
クラススイッチの仕組み
T細胞のヘルプがなくてもつくられる抗体

第7章 感染症と免疫細胞の分業
7-1 感染症の種類
7-2 ヘルパーT細胞の分業
フォローアップ
サイトカインが細胞の種類を決める
新しく発見された自然リンパ球
感染症のかかりやすさ
γσT細胞とNKT細胞
ワクチン
腸管の免疫

第8章 がんに対する免疫
8-1 がんとは?
8-2 免疫はがん細胞を排除してくれない
8-3 がんに対して免疫反応は起こるが抑制されている
フォローアップ
免疫はがん細胞を殺す能力を有している
その他の免疫療法

第9章 アレルギーと自然免疫疾患
9-1 アレルギーとは?
9-2 アレルギーの発症機序
9-3 自己免疫疾患とは?
9-4 自己免疫疾患が起こる仕組み
9-5 自己免疫疾患の種類
フォローアップ
古典的なアレルギーの分類法
衛生仮説は正しいか?
アナフィラキシー
アレルギーの治療
他の自己免疫疾患
自己免疫疾患とは考えられていない炎症性疾患
自己免疫疾患とHLA型の相関

第10章 移植医療・再生医療と免疫
10-1 移植免疫の大原則
10-2 移植されたT細胞が宿主を攻撃する
10-3 マイナー抗原
10-4 再生医療とは?
10-5 iPS細胞の登場
10-6 iPS細胞バンクの構想は移植の法則に基づいている
フォローアップ
移植片に対する免疫反応の概要
iPS細胞の問題点
iPS細胞技術をがんの免疫療法に応用する

エピローグ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のんタコス

14
マンガだけど…内容はかなり本格的な免疫学でした(^_^;) もう一回、基礎から勉強しないとダメだ。 2018/04/18

Kokichi

7
難しそうな免疫学を学ぶために、まずは漫画から。コロナ対策でできることが見つかればいいなと思い購入。結論、何をすればよいかのヒント見出だすことはできなかった。学んだことは自然免疫と獲得免疫の違い、異物を感知するレセプターの存在等。単語の意味をイラストで大枠をつかんだ程度の理解度。他の教材で学ぶときに隣においておけば役に立つと思われる。あぁ、免疫学むずい。。サイトカインってなんや。気が向いたらまた読もう。2020/04/25

ソーシャ

6
複雑で分かりにくいイメージがある、免疫学のコアな部分を最新の知見を踏まえてマンガで分かりやすく解説した本。著者もイラストを描いているだけあって、図が分かりやすく、マンガの特性をかなり活かしているように思います。他の教科書にある不正確な記述や、古い記述についてもはっきり書いてあるのも嬉しいところです。『休み時間』が臨床寄りと言うならば、こちらは基礎寄りの内容になっています。2014/11/13

Kasuke Fujita

5
(図書館本)”働く細胞”というマンガを読んで免疫に興味を持ったところ、免疫学をマンガで説明した本書を発見。二つの本を組み合わせることで理解度が格段に上がった。人間の体とはこんなにも複雑な仕組みで異物と日々戦っているのだと感心させられた。以外にも皮膚は病原体を防いでくれる第一砦とのこと。これからの季節、皮膚が乾燥すると防御力が低下し、病気になりやすい。このメカニズムが良くわかったので、得た知識を使い病気を予防したい。新しい知識を得ることは何歳になっても楽しい。次は○○学を勉強しようかな。2020/10/19

ねこぽん

5
わたしは学生のころ免疫学が大の苦手で、どのような教科書でも小難しくて最後まで読むことができませんでした。ただこのテキスト(と呼んでいいのか分かりませんが)だけはすっきりとして分かりやすく、当時の自分でも通読することができると思います。内容も大きな誤りがないようよく検証されています。2016/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8097046
  • ご注意事項