北浦和のパチンコ店が1000億円企業になった―埼玉・ガーデングループの小さな奇跡

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

北浦和のパチンコ店が1000億円企業になった―埼玉・ガーデングループの小さな奇跡

  • 著者名:野地秩嘉【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • プレジデント社(2017/08発売)
  • 新年度スタート!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン!(~4/5)
  • ポイント 375pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

北浦和の一軒のパチンコ店は
なぜ、1000億円企業になりえたのか?

埼玉県を主な地盤とするパチンコ・スロットチェーン、ガーデングループの売り上げは1000億円。もともとは一軒のパチンコ店だった。

現社長の密山根成(もとなり)は一軒を1000億円企業にした。成長させるために彼がやったことはひとつしかない。

企業理念を作ってそれを信じたこと。みんなで、自分たちだけの企業理念をつくったことだった。

【著者紹介】
野地秩嘉(のじ・つねよし)
1957年、東京都生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務、美術プロデューサー経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュ、ビジネスから、食、芸術、海外文化に至るまで幅広い分野で執筆。著書に『キャンティ物語』(幻冬舎文庫)『TOKYOオリンピック物語』(小学館文庫)『高倉健インタヴューズ』(小学館文庫プレジデントセレクト)『川端キャプテンにゴルフを習う』『なぜ、人は餃子の王将の行列に並ぶのか?』(共にプレジデント社)ほか著書多数。

【目次より】
まえがき
1◆パチンコ博物館
2◆有楽会館
3◆変化のあと
4◆生き残るための改革
5◆開店資金の調達
6◆二号店オープン
7◆1000億円企業へ
8◆大型店
9◆その日のこと
10◆パチンコホールはどうすれば成長するのか

第二部◆いまガーデングループはどうなっているのか?
◆密山根成からの手紙