レジーナブックス<br> 熱砂の凶王と眠りたくない王妃さま

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy

レジーナブックス
熱砂の凶王と眠りたくない王妃さま

  • ISBN:9784434234996

ファイル: /

内容説明

陰謀によって「熱砂の凶王」と呼ばれる王の後宮に入れられた小国の王女ナリーファ。日頃は気弱で大人しい彼女だが、眠っている間に近づく者は、みな倒してしまうというとんでもなく凶悪な寝相の持ち主だった。このままでは、王にも無礼を働き処刑されるかもしれない……! そう怯えるナリーファは、王が初めて訪れた夜、寝不足だという彼を寝物語で寝かしつける。この試みが上手くいき安心していたナリーファだが、それ以来、王は毎晩彼女を訪れて寝物語を頼むように。しかも、彼はナリーファを正妃にしてしまい――!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐっち

20
寝相が悪すぎて、襲ってきた人を眠ったまま退治してしまうヒロイン。千夜一夜の設定が好きで読み始めたのですが、物語中盤で千夜一夜が来てしまい、もうちょっと物語終盤までお預けでもよかったかな…。ほほえましい2人でした。2020/07/18

陸抗

12
寝相が悪く、寝てる間に暴漢を撃退してしまう王女ナリーファ。熱砂の凶王と噂されるシャラフの元に、王妃に厄介払いされてしまう。互いに相手を大切にしている姿は微笑ましいし、ナリーファの寝相の悪さが実は…という種明かしも面白かった。ナリーファの実母が生きてる時の親子の話がもっとあれば良かったかな。2018/07/20

でんか

8
だいぶん駆け足仕様の本、ヒロインのお母さんの設定とか、ヒロインが超寝相が悪い話とかたぶんもっといろいろあったんですよね?あと、しょーもないことなんですが、表紙のヒーロー、えらくお肌が白くて違和感。褐色という設定ならもうちょっとそのような感じの塗りのほうが良いのでは。2017/09/21

有子

6
正妃による嫌がらせで凶王の後宮に入ったナリーファは、ものすごい寝相の悪さを露呈させないために寝物語を聞かせたところ寝不足だったシャラフに気に入られて千夜続けることになるお話。他の妃がいなくなったことにかけらも気づかず引きこもってた気弱なナリーファが、戦舞姫として覚醒してからのギャップがたまらないですね。強い。彼女の戦う姿は綺麗なんだろうなぁと見てみたくなりました。シャラフの誠実さと愛情がまた良かった。webで読める募らせた恋心ににやにや。3年近くもよく耐えた。これむしろエロいらないのでは?面白かったです。2019/03/23

れーち

4
★★☆☆☆2021/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12077716

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。