希望のごはん 夫の闘病を支えたおいしい介護食ストーリー

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

希望のごはん 夫の闘病を支えたおいしい介護食ストーリー

  • 著者名:クリコ【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 日経BP(2017/07発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822259273

ファイル: /

内容説明

本書のストーリーは、夫が口腔底ガンを患ったことから始まります。
手術によって噛む力を失った夫は、固形物が食べられなくなり、あごと舌だけで食事をすることを余儀なくされました。
おいしいものを食べることが大好きだった夫が、食べる楽しみを失ってしまったのです。
見た目にも食欲をそそって、食べてもおいしい介護ごはんを作りたい!そして夫の「おいしい笑顔」が見たい!
妻は最愛の夫のために、噛みやすく飲み込みやすい介護食を生み出すべく奮起します。

すき焼き、エビフライ、鶏カツ、フレンチトースト、そして流動食弁当――。
本書に登場する介護食を見ると、驚くことは間違いありません。
「味」「見た目」「栄養」にこだわった著者が創り出す工夫あふれる介護食が、次々に登場するからです。

深刻な高齢化社会が進む中、在宅介護者も急速に増えています。
毎日、介護食作りに苦心している方も多いのではないでしょうか。
介護を受ける人と介護をする人。両方の立場の人が、一緒に幸せになれる。本書がそのために一役買えれば幸いです。
泣けて、笑えて、生きる力が湧いてくる――。
感動のノンフィクション介護食ストーリーを、ぜひお読みください。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

バニラン

52
食べることは生きること)NHKの番組を観て著者を知り、この本を読んでみました。 病気で普通食が食べられなくなったご主人の為に、手作り料理を考えて試行錯誤しながら作り上げた、著者の熱意、創意工夫、ご主人への思いに脱帽です。 30年前に亡くなった義父の時は、そのような物が全くなくてカボチャのすりおろしかスープ、ミルクセーキくらいしか作れなかった。 老親の為にも、シルバー世代になる自分達にも役立つ内容でした。 心を込めて頑張った奥さんに対して、ご主人が残したメッセージに泣けました。2019/09/24

栗 餡子

7
食べることは命を頂いて命を育む、愛が溢れる一冊です。2018/01/10

Humbaba

5
情報は必要な時に手に入らなければ意味をなさない。しかし、残念ながら急に情報が必要になったときにどうすればそれが手に入るのかは自明ではない。大切な人に関わる問題だからこそなんとかしたいという気持ちは強まるが、強い気持ちだからこそ焦ってしまい必要な情報を見つけられなくなることもある。2017/10/29

shino

4
ほんとにもう、普通にごはんを美味しく食べたいよね、介護が必要な方だってね、と思うことが多くて、手に取りました。施設の栄養士さんとか調理師さんとか職員も、ミキサーだのきざみだのとろみだの、試食はしても一口だけ、ってパターンが多いです。全部の量を食べられない、食べる気がしない、という事を表だって言えなくても、その行為が全てを物語っているように思います。食事だけが楽しみ、とおっしゃる方も多いので、こういった活動があるのは心強いです。2017/08/14

ひつじ

3
料理研究家だった著者。夫のために試行錯誤した介護食の本です。 夫婦のラブラブっぷりが微笑ましく深刻な状況も軽快な語り口で綴られていて一気読みでした。 何よりもご主人のために調理した料理の美味しそうな事!しかもご主人も著者=奥様を誉めまくる。介護食を作る人も作らない人にもオススメの一冊です。2018/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11933428

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。