講談社現代新書<br> 飛行機の戦争 1914-1945 総力戦体制への道

個数:1
紙書籍版価格 ¥993
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

講談社現代新書
飛行機の戦争 1914-1945 総力戦体制への道

  • 著者名:一ノ瀬俊也【著】
  • 価格 ¥918(本体¥850)
  • 講談社(2017/07発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

なぜ国民は飛行機に夢を託し、人、金、物を提供したのか――。貧しい人びとの出世の手段としての航空兵。国民一人一人がお金を出しあって飛行機をつくる軍用機献納運動。防空演習ですり込まれる空襲の恐怖と、空中国防の必要性。学校、親への「説得」を通して行われる未成年の航空兵「志願」……。日本軍=大艦巨砲主義という通説をくつがえし、総力戦の象徴としての飛行機に焦点をあて、戦前、戦中の現実を描く。