富士見L文庫<br> 時をかける社畜

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
時をかける社畜

  • ISBN:9784040723587

ファイル: /

内容説明

会社員の恵太は、曜日の区別もつかないくらい忙しい毎日を送るうち、本当に時間がループしていることに気づく。ということは永遠に仕事が終わらない!? ――読んだ後、きっと胸が熱くなる。“今日”を働く人々の物語

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おかだ

54
タイトルに惹かれて手に取った。ブラック企業で働く社畜が時間のループから抜け出せなくなる。金曜日の次が1年前の月曜日で休みが延々と訪れないという想像するのも恐ろしい設定。実際そんなことになったらこの人過労死すると思う。過去を変えることで未来がおかしくなってしまうというお約束のパターンなんだけど、死んだ同僚が良い人過ぎて、主人公が恋人を選んだ時には腹立って仕方が無かった。でも、未来をより良いものにする為何度も何度でも奮闘する主人公をいつの間にか応援していた。2018/01/24

うまる

25
時間物×お仕事。土日が休日の会社で、金曜に退社しようとすると月曜の出勤したてにタイムリープするお話。今までこんなに恐ろしいタイムリープを見たことがあっただろうか…。そんなひどいループというか連続勤務の話ですが、全体的には労働者応援という感じで、スッキリする読後感。代わり映えのない日常の繰り返しでも、同じところをグルグルしてるのではないってとこが沁みました。タイムリープする原因がアレというのは社畜物語にピッタリで笑ってしまいます。日曜に読んだので、また明日からがんばろうという気になりました。2019/05/26

た〜

11
土日が無くなった社畜が残業代として25%割増の未来を求める話。同じような日常の繰り返し、と思っていたらほうとうに同じ日々を繰り返していた!?で、やっとの思いでループから脱出しできたと思ったら・・・ 面白くはあるけれど、伏線なのかそうでないのかはっきりしない場面が散見するのでちょっとすっきりしないような。親友くんが善良すぎて現実味に欠けるかも2020/06/19

しらたま

5
移動時間の軽い読み物として購入。社畜が時をかけてどうするんだろ?という疑問で購入したけれど、最後まであまりキャラクターを掴めないまま終わってしまった(・・;)社畜が時をかけて未来を変えるべく奮闘するある意味タイトル通りのストーリー。なんというか心の持ちよう的な所が大きくて、いい感じにフワッと終わったけど……社畜は社畜のまま???2017/09/06

やあ

4
社会に出て時間が経つと共に、平坦に終わる日々に安堵し、未熟なのにどこか物足りなさを感じるようになった。  これでいいのかなっていう感覚はあとどれくらい続くのか、考えだすと止まらない。 止まらないけど、何か少し得た気がする。なんとも言語化できない、でも少し前向きな気持ちになった。 コミカルでとても読みやすかった!2021/10/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11962634

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。