岩波少年文庫<br> モモ

個数:1
紙書籍版価格 ¥880
  • Kinoppy
  • Reader

岩波少年文庫
モモ

  • ISBN:9784001141276

ファイル: /

内容説明

時間どろぼうと,ぬすまれた時間を人間にとりかえしてくれた女の子モモのふしぎな物語.人間本来の生き方を忘れてしまっている現代の人々に〈時間〉の真の意味を問う,エンデの名作.

目次

目  次

 第一部 モモとその友だち

 1章 大きな都会と小さな少女

 2章 めずらしい性質とめずらしくもないけんか

 3章 暴風雨ごっこと、ほんものの夕立

 4章 無口なおじいさんとおしゃべりな若もの

 5章 おおぜいのための物語と、ひとりだけのための物語

 第二部 灰色の男たち

 6章 インチキで人をまるめこむ計算

 7章 友だちの訪問と敵の訪問

 8章 ふくれあがった夢と、すこしのためらい

 9章 ひらかれなかったよい集会と、ひらかれたわるい集会

 10章 はげしい追跡と、のんびりした逃亡

 11章 わるものが危機の打開に頭をしぼるとき……

 12章 モモ、時間の国につく

 第三部 〈時間の花〉

 13章 むこうでは一日、ここでは一年

 14章 食べものはたっぷり、話はちょっぴり

 15章 再会、そしてほんとうの別れ

 16章 ゆたかさのなかの苦しみ

 17章 大きな不安と、もっと大きな勇気

 18章 まえばかり見て、うしろをふりかえらないと……

 19章 包囲のなかでの決意

 20章 追手を追う

 21章 おわり、そして新しいはじまり
   作者のみじかいあとがき
   訳者のあとがき
   エンデの人柄にふれた日々   佐々木田鶴子

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小梅

575
時間に追われる毎日。時間泥棒はいつの時代にもいるんだろうな…モモ、私の時間を取り戻してくれてありがとう!作者のみじかいあとがきが凄く良かった。エンデの奥さんは日本人なんですね。ずっと手元に置いておく本の仲間入りです。2018/02/03

zero1

573
時間泥棒は私でありあなた。何度目かの再読なので変わったことを書く。社会が全体主義に傾いた時【それは違う!】と言えるだろうか?【みんなが!】【普通は!】と言い出したら【少数派であることを恐れない】ことがいかに難しいか。試されているのは読者自身。【他人でなく自分はどうなんだ?】という問いを続けるには勇気が必要。時に少数派は監視され排除される。隣組による【非国民!】という憎悪の目がそうであったように。時間に追われる現代人が読むべき一冊。児童文学というより大人が冷や汗を感じつつ読む作品。だから批判もある(後述)。2020/05/26

Willie the Wildcat

492
時間と心理状態の相関関係。価値を見出すのは、仕事も遊びも同じ。豊かな人生を問い続け、物質主義や効率性を追求?然るにその結果は如何に・・・。親や大人の子供への影響の件は、少なからず耳が痛い。「時間の花」。自分の心であり、心の表現。鍵は、待つこと!結果を求めすぎる現代にも通じるMSG。読後、大人のための児童書ではなかろうか、と考えさせられた。蛇足だが、カシオペイアが「ミーナ」を彷彿。言葉ではなく存在感・・・。包容力が共通項かなぁ。(笑)2014/07/19

けいご

450
より早く仕事を!成長を!成果を!周りを見ると、残念ながら時間をとにかく削って、お金を稼ぐ事のみが正義だったりします。勿論生きる為に最低限資本も必要ですが、愛情を(時間を)かけて何かを育むことは、生き物として大切な事なんじゃないかな?っと気づかせてくれる大切な1冊でした★良くも悪くも時間の事を考える事が多くなった今の時期に是非読んでもらいたいです★お金と物をくれる人は多いけど、愛情と時間をくれる人はなかなかいない世の中には無くてはならない1冊だな〜っと心より思いました。2020/11/20

absinthe

336
エンデさんの少年文学。主人公モモが不気味な灰色の時間泥棒達と対決する話。ずいぶんと主張の強い作品で、作者の意図を直接読まされている気もするが。それでいてモモは生き生きと描写され、ベッポやジジもいい味出している。時間泥棒に時間を盗まれてそれに気づかない大人たちは現代人の生き写し。時間を忘れてしまう事って多いよね、と気づかされる。急ぎ足で振り返ることのなくなった大人こそ読むべき作品かも知れない。2021/02/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/578721

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。