一迅社文庫アイリス<br> ワルプルギスの夜、黒猫とダンスを。

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

一迅社文庫アイリス
ワルプルギスの夜、黒猫とダンスを。

  • ISBN:9784758040426

ファイル: /

内容説明

買ったばかりの赤い靴をはいたら、魔女と体が入れ替わってしまった…!? 14歳のルナを突然襲った不幸、それは『赤い靴の呪い』だった! 魔女の森に放り出されたルナは、ワガママだけど顔はいい猫耳男と、ダンディなネズミと共に、元に戻るための魔法のダンスを探すことになるが…。大魔女の体を持った気弱少女と、自称使い魔の猫耳ヒーロー+最強のネズミ。1人と2匹が奏でる、マジック★ファンタジー開演!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

むつぞー

5
見た目かっこいいノーチェのおバカさんな感じと、ネズチューのハードボイルドなかっこ良さがなんとも好きだわ。そして人が成長する物語はやはり気持ち良いです。2011/09/07

みかづき

2
面白かった! コトマチさんのキャラはほんと可愛いなあ。ツボはやはりハードボイルドネズミでした。くそ、なんて男前。ときどき吹き出すようなセリフや一文があるのがまたいい。個人的には「意味がわからない」がよかった。うん。意味わかんない。まとめ方もなるほど、と手を打ちたくなるものでした。卑屈だったはずの「あなたに合わせる」がいい意味で役立つことが意外で、すごくよかった。やおろずと並ぶくらい好きだなあ~。2011/12/04

kmori299

1
世界観と人物の設定と性格、どれも掴めないまま話が進むので前半はとても読みにくかった。長老まわりで笑い、少しわかってきてからはなかなか良かったかな。2020/12/07

織花

1
自分のことがわからない嫌いな少女が、自分のことをわかり、好きになれるように努力する話、と申しましょうか。なにかを、誰かを好きになること、心に添わせること。心にわきあがる音楽と共にさぁ踊りましょう!魔法はそこにありますよ、きっと。ネズチューかっこいいな(笑)長老さんもおすすめ。あとベファーナいい女だな!2011/01/23

ユイ

1
カズアキさんイラに惹かれての購入。赤い靴の魔女。2010/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/451692

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。