ブルーバックス<br> カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

ブルーバックス
カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史

  • ISBN:9784065020180

ファイル: /

内容説明

前恐竜時代にもさまざまな古生物が生きていた。三葉虫が繁栄し、アノマロカリスがカンブリア紀の覇者となる。デボン紀にはアンモナイトの仲間がまっすぐのびた円錐形からしだいに丸くなり、ティクターリクが“腕立て伏せ”をはじめる。古生代最後のペルム紀には、イノストランケヴィアをはじめとする単弓類が覇権をにぎる! ダイナミックかつドラマチックな古生代の物語が、いま、ここにはじまる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ホークス

48
2017年刊。我々の新生代と恐竜の中世代より前、古生代の生物を時系列で解説。 最初のカンブリア紀は多様性の爆発で有名だが、以降も色んな形態が現われた。化石から苦心して出される推論が興味深い。カンブリア紀の覇者アノマロカリス類は意外と長続きし、例の触手で濾過食する者まで輩出。進化の迷い道は摩訶不思議だ。我らが脊椎動物も弱々しい姿から徐々に力をつけ、遂にサメが海の覇者となる。アゴの獲得がポイントで、捕食圧を受けた三葉虫はトゲだらけになった。両生類の出現は何度もあったなど、そそる話題と美麗なイラストが楽しい。2020/06/12

めんま

30
恐竜出現以前の時代である古生代における生物を紹介する本。最初期は眼も存在しない単純なつくりであった生命体が、環境の変化やそれに伴う周りの生物の変化に応じて形・機能を変えていき、進化していく様子を覗くことができる。どうも理屈に合った進化を行うというより、色んな形を取ってみて、ダメなものは消えていき、運よく適応したものは残っていくというように感じた。下手な鉄砲数打ちゃ当たるのが進化なのだろうか。2021/07/12

そふぃあ

27
小さい頃本棚にあった分厚い恐竜図鑑の、カンブリア紀のページが好きで繰り返し読んでいた。それから20年ほど経って、ハルキゲニアの足がどっちなのか解明されたり、脊椎動物の祖先からピカイアが外れたのを本書で知りました。デボン紀も板皮魚類ダンクレオステウスがいるから好き。あとティクターリクって肉鰭類も愛嬌のある顔をしていて良い。本書はペルム紀までで終わりなので、恐竜以前の古代生物が好きな人におすすめ。2018/12/03

kaizen@名古屋de朝活読書会

22
#感想歌 カンブリア三葉虫とハルキゲニア、アノマロカリス・カナデンシス ビッグファイブ大量絶滅五度あった三葉虫や魚類恐竜2017/09/30

文章で飯を食う

22
アノマロカリスから始まり恐竜の手前まで。あまり知らない部分なのでおもしろく読めた。びっくりしたのは魚類と言う分類群は無いこと。爬虫類から哺乳類が進化したのでは無く、両生類→単弓類→哺乳類だとか。(さらに細分化も有り。)イラスト多数。ティクターリクは好きだな。次は中生代を出して欲しい。2017/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11917704

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。