十二ヶ月 栗本薫バラエティ劇場

個数:1
  • Kinoppy

十二ヶ月 栗本薫バラエティ劇場


ファイル: /

内容説明

SF、ミステリー、時代小説、捕物帳など12のジャンルを書き分けた若き日の栗本薫の才気に満ちた短編集。

未曾有の超大作グイン・サーガで知られる栗本薫が、12ヶ月にわたって小説新潮誌に連載した、12のジャンルを書き分けた作品集。
疑惑が疑惑を呼び狂気へとひとりの男を駆り立てる心理ミステリー「犬の眼」。手練れの時代小説作家もかくやと思わせる佳品「おせん」。軽妙な文体をあやつりつつ、圧倒的な筆力でラストの哀切へと雪崩れこむ青春小説「公園通り探偵団」。そして巻末を飾るグイン・サーガ外伝など、若き栗本薫の才気が爆発する。

【著者】
栗本薫
1953年東京生まれ、2009年に病没。1977年に群像新人文学賞評論部門を、1978年に江戸川乱歩賞を受賞して文壇デビュー。1981年には吉川英治文学新人賞を受賞。小説は栗本薫名義で、評論などその他の活動は中島梓名義で発表する。正伝130巻、外伝21巻のグイン・サーガ・シリーズ始め、SF、ミステリー、時代小説、耽美小説などさまざまなジャンルに渡る400点を越える著作が刊行された。

目次

まえがき
一月/犬の眼〈心理ミステリー〉
二月/おせん〈時代小説〉
三月/保証人〈社会ミステリー〉
四月/紅〈芸道小説〉
五月/夜が明けたら〈青春小説〉
六月/忘れないで〈SF小説〉
七月/公園通り探偵団〈風俗小説〉
八月/離魂病の女〈捕物帳〉
九月/嘘は罪〈都会派恋愛小説〉
十月/ガンクラブ・チェックを着た男〈本格推理〉
十一月/五来さんのこと〈私小説〉
十二月/時の封土〈ヒロイック・ファンタジイ〉
十三月/あとがき