「プレゼン」力 ~未来を変える「伝える」技術~

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

「プレゼン」力 ~未来を変える「伝える」技術~

  • ISBN:9784062195638

ファイル: /

内容説明

ノーベル賞のかげに「プレゼン」力あり! 日本を代表するふたりの「知の巨人」が熱く語る!プレゼンテーションの重要性とノウハウを語りつくした一冊。人の心を動かすのは、リアルな言葉の力だ。人前で話すのが苦手なあなたでもできる!さあ、失敗を恐れずプレゼンで人生を切り拓こう!NHK「スーパープレゼンテーション」待望の書籍化!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

35
流石のお二人で、読んでいてワクワクする。プレゼンテーションの基本が述べられていて、自分も心がけていることも沢山あった。大学生の前でプレゼンテーションすることもあるので、この本でのポイントをネタにもできるなと思う。さっそく、準備だ。2020/09/01

miu

21
プレゼン力は身を助ける。これ本当に。あの山中先生もそうおっしゃっている。プレゼン力はプレゼンする時だけ役に立つ訳ではない。お客様だったり家族だったり、色んな場面で応用可能。そして効果絶大。self us now の3つの要素は接客でも使えそう。もしかしたら就活だって婚活だって(?!)プレゼン要素必要かもよ。ってことは、やっぱり人生の節目でポイントになるのはプレゼン力。勉強しよう。2016/12/30

hide

20
面白かった。あまり普段読まないハウツー本だが、自分用にノートにまとめながら読んだ。伝えたいことを一つに絞って13分。確かに。

ルル

12
プレゼン力というよりは山中さんを知ることができる本、でしょうか(*^^*)2016/11/27

乱読家 護る会支持!

8
研究は半分、残り半分は「どう伝えるか」。スライドで見せるのは、文字ではなく絵。スライドには連続性が必要。ポインターは、必要最低限に。聴衆が理解できないのはプレゼンターの責任。「なぜ、私が?」「なぜ、われわれが」「なぜ、いま」の三要素で構成を。自分の為のメモをスライドにするな。と、これを読んで、ピンときた方は、ぜひぜひ、秘密結社イグアナの会の「オトナの自由研究」で発表しよう!!2017/04/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11115270

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。