経営計画は利益を最初に決めなさい!―――社長しかできない、2つの落とし込み

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

経営計画は利益を最初に決めなさい!―――社長しかできない、2つの落とし込み

  • 著者名:古田土満【著者】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 特価 ¥990(本体¥900)
  • あさ出版(2017/05発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784860639648

ファイル: /

内容説明

「使命」と「経営理念」を達成するのが経営計画書
古田土会計の使命は「日本中の中小企業を元気にすること」です。

経営理念は、「社員の幸せを追求し、人間性を高めること」です。
会社は何のために存在するのかと考えると使命感を実現し、
社員を幸せにすることだと思っています。

この2つの目的を実現するための道具として
経営計画書は絶対になくてはならないものです。
古田土会計は日本中の中小企業を元気にし、
そこで働く社員と家族に幸せになってもらうために
古田土式経営計画書を日本中に広めたいと思っています。
古田土式と書きましたが、その基本となっているのは、
故 一倉 定先生の考え方です。

経営計画書といっても様々なものがあります。
税理士さんの指導で作ったものは数字のみで方針書がありません。
何のために経営計画書を作るかという方針が示されていないため、
利益計画中心の計画書になり、社員の協力は得られていません。
ほとんど経営の役に立っていないのが現実です。
――はじめに


■目次


<第1部>【理念編】社長の想いを経営計画書に込める

第1章 経営計画書の基本を押さえる
■まず社長が経営計画書とは何かを知る
■ビジョンと数字をリンクさせる
■「誰が」「何を」作成するかを明確にする

第2章 社長しかできない仕事を社長がする
■高収益構造を実現している理由
■業績のよい会社がやっていること
■もっとも大事な社長の3つの仕事


<第2部>【実践編】ビジョンを利益計画に落とし込む

第1章 経営計画をつくる目的を理解する
■事業をすべて数字で考える習慣を身につける
■自社の3つの数字を把握する
■利益を上げるための方法は4つしかない
■利益計画とは「目標」損益計算書と認識する

第2章 利益計画・販売計画を作成する
■利益計画(目標損益計算書)作成のための7つのステップ
■利益計画検討表で状況変化を予測する
■月別利益計画をつくる
■社長自ら作成して初めてわかること
■(営業所・支店・部門別)利益計画をつくる

第3章 商品別販売計画を立てる
■販売計画を作成する
■「見込事業」の戦略・計画を立てる
■儲かる事業構造にする
■ABC分析で自社商品・お客様を分析する
■「商品別販売計画」を立てる


第4章 社員とともに販売計画を立てる
■「お客様別販売計画」の作成方法をマスターする
■売上高の不足をお客様別に補う
■「お客様別販売戦略」を考える
■高収益型事業構造をつくる

■著者 古田土満