文春新書<br> 田中角栄 最後のインタビュー

個数:1
紙書籍版価格 ¥950
  • Kinoppy
  • Reader

文春新書
田中角栄 最後のインタビュー

  • 著者名:佐藤修
  • 価格 ¥950(本体¥880)
  • 文藝春秋(2017/05発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

抜群の記憶力、発想、決断力、そして人情……
未公開インタビュー記録をもとによみがえる天才宰相の知性と魅力!

没後23年を経てもなお日本人の心を惹きつけてやまない田中角栄。
その角栄はロッキード事件発覚後、マスコミをシャットアウトし、「闇将軍」として権勢を振るっていたが、ひそかに13時間半ものロングインタビューに応じ、みずからの思いを世に出そうとしていた。当時、海外通信社の記者を務めていた著者は、ロングインタビューに立ち会ったほか、約4年間、講演や会議における角栄の発言を記録してきた。

本書はそれらの記録をもとに、著者独自の目線で「天才・角栄」の政治理念を解き明かした作品である。
全編、角栄の名調子が冴え渡る。

「合理性だけを追求してきた日本の頭脳集団は、人間の本質を忘れている」
「総理大臣になってから『勉強します』は許されない」
「外交は“叩き上げ”同士で」
「道徳観のない政治家に人はついてこない」
「俺は自分の選挙区のことは5メートル単位で把握している」
「恋人の電話番号は手帳に書くな。手帳を見ながらダイヤルを回すのでは、恋の成就もおぼつかない」

現代日本の閉塞的な経済状況や、東アジアの安全保障危機をズバリ予言している指摘もあり、角栄の慧眼には驚くばかりだ。人情の機微を知り尽くした滋味深い言葉も、読む人の心にしみわたる。
脳梗塞に倒れる10カ月ほど前におこなわれた最後のインタビューでは、政治と人生に対する達観した思いを吐露しており、枯淡の境地を感じさせる。

どこから読んでも面白くためになり、すべての人に勇気を与えてくれる一冊である。