祥伝社文庫<br> 入らずの森

個数:1
紙書籍版価格 ¥733
  • Kinoppy
  • Reader

祥伝社文庫
入らずの森

  • 著者名:宇佐美まこと
  • 価格 ¥733(本体¥667)
  • 祥伝社(2017/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784396337438

ファイル: /

内容説明

陰惨な歴史が残る四国山中の集落・尾峨に赴任した中学教師・金沢には、競技中の事故で陸上を諦めた疵があった。彼の教え子になった金髪の転校生・杏奈には、田舎を嫌う根深い鬱屈が。一方、疎外感に苛まれるIターン就農者・松岡は、そんな杏奈を苦々しく見ていた。一見、無関係な三人。だが、彼らが平家の落人伝説も残る不入森で交錯した時、地の底で何かが蠢き始める…。ホラーの俊英が、ミステリ要素満載で贈るダーク・ファンタジー。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんたろー

185
宇佐美さん10冊目。愛媛の山中を舞台に、中学教師・圭介、転校生・杏奈、Iターン農業者・松岡、三人を中心に展開する平家伝説が絡んだミステリタッチの物語。序盤は人物が錯綜し意味が判らないが、各々が段々と繋がる過程が面白く、終盤はサスペンスが大いに盛り上がる。過去の殺人や伝説を粘菌の生態と絡め、いかにもありそうな物語に仕上げているのでゾッとする。安易に田舎生活に憧れる者への皮肉を込め、様々な心の闇をテーマにしているので、共感できる事も多かった。ホラー色が増して、圭介が活躍するラストも手に汗握る楽しさだった。2020/05/17

nobby

159
「人は死んでも念は残るのじゃぞな」それが生みだす狂気や憎悪が、疵を抱える人々に絡みつく媒体の正体は…いやはや、これ程までに前半と後半で印象の変わる作品も珍しいが、総じての評価はお見事!3~4人の視点で描かれ出す序盤は、時系列や事象がなかなか噛み合わない様子に何となく読むばかり…平家落人の怨念なんて混ぜてあるから尚困惑(笑)それが気付けば最初から意味深に登場していた粘菌や廃校なんてワードが完璧なまでに繋がる終盤は圧巻。宇佐美さんならではの残虐から、超常現象に因りながらも人間味を忘れないラストは嫌いではない。2019/09/14

いつでも母さん

152
文庫カバーに惹きつけられて。以前なら絶対に手を出してはいない作品だが・・死んだ骸の上に咲いた千紫万紅の花ー先生、ダメだよ。一人で入らないで!この町にはびこる閉塞感とぞわぞわ感。プロローグの意味が終盤に来て分かって怖い。土着の民やら平家の落人伝説、自然界にある人智を超えた不思議なことが上手く絡ませてあって、途中でやめられない。人間の『負』のエネルギーのなんとすさまじい事よ。死んでも念は残るのだーそれは忘れ去られた頃にまた蘇る。恨んだり復讐するのは人間だけだから・・私も誰かに見られているのだろうか。2017/02/19

かみぶくろ

129
まず「夜中に一人で読まないでください」的な帯つけて売るのやめよう祥伝社さん。そういうインパクト系勢いホラーじゃなく、かなり良質な生物学ホラーなんだから、堂々と売ろう。文章も構成も実力作家な感じだったし、なにより貴志祐介さんを彷彿とさせる生物学的薀蓄ぶりは訴求力高し。思ってたのとは違ったけど、思ったより良かった、的な作品だった。あ、あと表紙もなんとかしよう祥伝社さん。2017/06/27

あすなろ

108
にゅるりにゅるりぐじゅり…。強烈な負のエネルギーを内包した粘菌には廃校になる尾我中学の校歌の3番。3番の歌詞は存在さえいつしか知られなくなった。ファンタジーやホラーの要素を散りばめた閉塞的な地方を描いた宇佐美氏の作品。強烈な負のオーラ、つまり落人平家の呪いとその祟りに端を発して粘菌と結びつけ…。宇佐美氏の膂力が分かる作品でした。2019/04/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4693807

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。