「ごじゃ」の一分 竹中武 最後の任侠ヤクザ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy
  • Reader

「ごじゃ」の一分 竹中武 最後の任侠ヤクザ

  • 著者名:牧村康正【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 講談社(2017/04発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062206075

ファイル: /

内容説明

山口組最高幹部だった竹中武は、兄・竹中正久(山口組四代目組長)が殺された「山一抗争」の政治決着を嫌って山口組を離脱。山口組を誰より愛しながらも敵に回し、孤立無援で闘い、そしてついに敗れなかった。長いものに巻かれず、堅気を泣かさず、ただ己の信じた「筋(すじ)」にこだわり続けた。本書は「最後の任侠ヤクザ」とも言われる竹中武の生涯を、初公開となる本人の肉声ビデオと最新証言でたどった本格評伝である。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

CTC

11
講談社新刊。山口組四代目竹中正久の実弟、竹中武は08年3月に死去。今回ほぼ同じタイミングで、山平重樹が武氏を描いたもの(小説の形態らしい)も徳間より刊行された。何かが解禁されたんでしょうなぁ。 本書は『実話ドキュメント』の初代編集長が本人の話や竹中組直参などの関係者から聴いた話を纏めたもの。竹中組と云えば、山一・山武抗争。前者の最大功労ながら山口組から離脱し、絶縁処分もないまま徹底攻撃を喰らった。反撃はせず、一本独鈷で残った。 しかし本書の読みどころは5代目体制の実像と二代目竹中組成立経緯ですな。 2017/05/21

JUN PRESS

4
小生が、撮影した写真を使って頂きました。感謝!2017/04/25

G2

1
「ごじゃもん」が竹中組内部の視点が多かったのに比較して、こちらはより複眼的、俯瞰的な感じ。2021/11/23

Yasu

1
なかなか面白かった。2021/06/05

どらんかー

1
本物の任侠の人 こんな生き方は出来ないからこそホントに凄い人だったんだと思う2019/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11646876

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。