文春新書<br> 芥川賞の謎を解く 全選評完全読破

個数:1
紙書籍版価格 ¥913
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春新書
芥川賞の謎を解く 全選評完全読破

  • 著者名:鵜飼哲夫
  • 価格 ¥896(本体¥815)
  • 文藝春秋(2017/04発売)
  • 山の日の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/10)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本一有名な文学賞「芥川賞」。
1935(昭和10)年に行われた第1回芥川賞にノミネートされたものの、落選した小説家は次のうち、誰でしょう?

a.川端康成 b.芥川龍之介 c.菊池寛 d.太宰治

答えは最後に記しますが、この小説家は自分を落とした選考委員を逆恨み、
「刺す!」とまで言い放って大事件に発展した前科を持ってしまいました。

あるいは最近では「都知事閣下のために(芥川賞を)もらっといてやる」発言で話題になった田中慎弥、
史上最年少受賞で日本中を熱狂させた綿矢りさ、金原ひとみの受賞劇も記憶に新しいでしょうか。

普段は小説を読まないけれど「芥川賞受賞作が掲載される月刊『文藝春秋』だけは読む」という人も多いのですが、
どうして芥川賞は文学の世界にとどまらず、社会的な事件にもなるのか。
その秘密は、謎のベールに包まれたままの「選考会」に隠れています。

石原慎太郎『太陽の季節』、大江健三郎『飼育』など日本文学の名作から、
文壇の大御所たちの大ヒンシュクを買った問題作まで、
歴代の受賞作を生んだ現場ではどんな議論がなされたのか。
ヒントは選考委員が書き残した1400以上の「選評」にありました。

「該当作なし!」連発の開高健、三島由紀夫の美しい選評――、半藤一利が語った「司会者の苦しみ」。
全選評を完全読破した記者が、ついに謎を明かします。

注目の芥川賞選考会。本書を片手に、選考会という「密室」で起きる事件に要注目です。
(答えはd。事件の詳細は本書で)

【目次】
第1章 太宰治が激高した選評
第2章 戦争と選評
第3章 純粋文学か、社会派か
第4章 女性作家たちの時代
第5章 該当作なし!
第6章 顰蹙者と芥川賞