祥伝社文庫<br> 愚者の毒

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

祥伝社文庫
愚者の毒

  • 著者名:宇佐美まこと
  • 価格 ¥770(本体¥700)
  • 祥伝社(2017/04発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784396342623

ファイル: /

内容説明

一九八五年、上野の職安で出会った葉子と希美。互いに後ろ暗い過去を秘めながら、友情を深めてゆく。しかし、希美の紹介で葉子が家政婦として働き出した旧家の主の不審死をきっかけに、過去の因縁が二人に襲いかかる。全ての始まりは一九六五年、筑豊の廃坑集落で仕組まれた、陰惨な殺しだった…。絶望が招いた罪と転落。そして、裁きの形とは?衝撃の傑作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こうじ

307
⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎4/5 面白かったよ(*^_^*)すごーく重い小説!辛く、切なく、悲しい感じがあり、中盤から引き込まれてしまった。昔も色々と大変だったんだなぁと感じ、また、今も今で大変だなぁっと^_^本当に衝撃的な作品だったよ^_^2016/12/10

さんつきくん

297
物語の組み立て方が秀逸でとても面白かった。過去と高級老人ホームに入所する現代を行き来する。第一章は1985年、葉子と希美が出会い、旧家の家政婦として働くことになった葉子。葉子は借金と失語症の甥っ子を抱えていた。第二章は舞台を1965年の九州の筑豊に移し、炭鉱住宅での極貧ぶりを描く。廃退的で救いようがない描写はがっつり読んだことはないけれどプロレタリア文学の臭いがした。第三章では第二章を踏まえて第一章の出来事の真実に迫る描写が秀逸でした。毒をもって毒を征す。日本推理作家協会賞受賞作2017/10/12

しんたろー

292
宇佐美さん3冊目。生年月日が同じ希美と葉子、二人の視点が交互に描かれ、哀しい過去と不穏な現在が解き明かされてゆく形式なので、全く飽きることなく読み進められる。 東野圭吾さんの『白夜行』と松本清張さん『砂の器』をミックスしたかのような物語だが、その2作には登場しない素敵な善人や恐ろしいサイコパスを加味しているので、著者らしい人物造形と人間愛さえも感じる。何よりも、過酷な運命に抗うように必死に生きる人たちが切なく愛おしい。「凄い!」と唸るドンデン返しはないが、骨太の人間ドラマ&ミステリとして素直に称賛したい!2018/05/07

さーちゃん

288
宇佐美まことさん3作目。読友さんからもおすすめコメントを頂いたので、とても楽しみに読んだ。序盤は物語の暗く、重い雰囲気に苦しくなってしまい、なかなか読み進められなかった。でも、1章目の終盤頃からどんどん引き込まれ、そこからは寝不足の一気読み。からくりは多少わかってしまった部分もあったけれど、真相には驚かされ、悲しく、やるせない気持ちになった。重い話ではあったけれど、読んで良かった、出会えて良かったと思える作品。面白かった!2021/08/14

Kazuko Ohta

286
読むのに体力が要ると聞いていましたが、重量級。職安の初歩的ミスで知り合った2人の女性。これまで人づきあいを避けてきた彼女たちが無二の親友に。不穏な空気を漂わせながらも第1章はまだ平和。第2章以降は本当にキツイ。登場人物の名前のせいなのか、なぜか読んでいるあいだじゅう、山崎ハコの『織江の唄』が頭の中を流れていました。内容はまるで違うのに、どん底感が一緒。誰が誰なのかは予想がついたからその点に驚きはないけれど、綿々と続く過去の描写が辛すぎて、なのに読まずにいられません。生きることは苦しい。それでも生きてゆく。2018/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11235091

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。