Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門

個数:1
紙書籍版価格 ¥4,070
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門

  • 著者名:上田隆一【著】
  • 価格 ¥4,070(本体¥3,700)
  • 日経BP(2017/04発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 1,110pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822239299

ファイル: /

内容説明

Raspberry Piを搭載した車輪型ロボットを題材に、Linuxで動くロボットのプログラミングについて扱った本です。業界標準となったロボット用ミドルウエア「ROS」(ロス)を中心に、その技術全体を、実際にロボット「Raspberry Pi Mouse」(アールティ製)を動かしながら経験できるようにしました。

 ROSのセットアップと活用はもちろん、「技術の総合格闘家」であるロボットの開発者、研究者が押さえておきたい技術や知識を網羅しています。具体的には、デバイスドライバの書き方、Linuxシステムの扱い方、Webサーバーとの連携、GitHubの使い方、ライセンスの選択、基本的なテスト方法などを取り上げました。

 さらに、USBカメラを使った顔認識、音声認識ソフトを使った音声制御、スマートフォンなどのWebブラウザーから操作できるWebアプリの作成、測域センサを使った地図の生成に取り組みます。

 ROSを実機で動かすための知識とワザを凝縮した本です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

PenguinTrainer

5
ROSと呼ばれるロボットを扱う上で必須と言っても過言ではないソフトウェアの一連の使い方が書かれた本。 ROS自体の他にもGitHubなど開発に必要なソフトウェアの使い方も書かれており非常に親切な内容。ただ、今後はROS2というものが普及していくと思われるので流し読み程度でデータの流れを知るに留めるのでも良いのかもしれない。2021/08/19

69samadesu

0
ロボット工学の実践的入門書。raspberry piで動くロボットであるラズパイマウスを動かしながら、ROSを使ったロボットプログラミングなどが学べる。GitHubや自動テストツールを使ったモダンなwebプログラミングについても、詳しく載っていたのがよかった。ただ、ロボット工学や、ROSについて、既に知っている人には、物足りないかもしれない。2020/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11603118

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。