講談社文庫<br> 壁の鹿

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

講談社文庫
壁の鹿

  • 著者名:黒木渚【著】
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • 講談社(2017/04発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062936453

ファイル: /

内容説明

壁に飾られた鹿の声が聞こえたとき、孤独な魂に革命が起こる。女子校の寄宿舎に暮らす少女結婚詐欺師二股の恋愛に悩む女性剥製職人彼ら、彼女らの心の解放を!あの孤高のミュージシャン「黒木渚」 初の小説刊行!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

❁かな❁

142
アーティストであり作家でもある黒木 渚さん。ある日、壁に飾られてる鹿の剥製の声が聞こえる。6章にわかれ登場人物たちは鹿の剥製と話せるようになる。みんな悩んだり孤独だったり苦しんでいる中、鹿の剥製との出逢いで変化していく。あらすじだけでは良さは伝わらないと思うけど1章終わるごとになんかいいって思えてくる♪鹿の剥製には呼び名があり「宮島さん」「ハテナ」「春」が好き♡第6章で涙。山田詠美さんの解説もいい。設定も面白く処女作と思えないぐらい文章も読みやすく私も鹿の剥製に癒された。鹿の剥製と話したいな。 2019/10/20

ちょん

30
たまたま、たまたま知り合った知らない作者の本がめちゃくちゃタイプの面白すぎる話だと泣けるほど嬉しい。まさしくそんな出会いだったのこの本❗壁にかけた剥製がしゃべるんですよ。なんだそりゃ?と思うかもですが、何だか泣ける。人のやり取りって何てバカバカしいんでしょって切なくなる。連作短編で、冒頭の話には私のタイプな強い女の子か出てきます、中盤で狂気にかられた女の子が出てくるのですが、なんだかこの子も好きで目が離せない。うーん、鹿好きな私的には大好きな一冊。2019/10/04

Anemone

29
ハンティングトロフィー。首から上だけを剥製にされ孤独な魂を抱えた人間に呼応して会話する壁の鹿。壁の鹿が自身の鏡であるならば自分と鹿はどんな会話をするのだろうか。壁の鹿、欲しい。2019/09/07

Mayumi Hoshino

27
壁掛けの剥製の鹿。頭部だけのもので、金持ちの家の書斎にあるような。それと会話が出来るようになってしまった幾人かを描いた連作短編集。最初の二編はハートウォーミングな感じ。三章めで怪しい動きを見せ、五章でまさかの方向に舵がきられる。続く最終章はまた予想もできない着地。章ごとに分けたら違うジャンルになりそうなのに、こんなまとまり方を見せるなんて。面白かった。比喩表現もクールで美しい。2017/07/10

to boy

26
著者の黒木さんのことは全然知りませんでしたが、帯につられて購入。独特の感性で面白かった。剥製の鹿と話をする主人公達の短編かと思いきや、後半ではそれぞれが繋がってきてワクワクしてきました。「あぐり」と「夢路」が世俗的なおかしさと、神秘的な恐怖の対比で良いですね。少女タイラも後半の父親との葛藤を乗り越えて希望ある終わり方のようでした。2017/09/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11662021

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。