河出文庫<br> 鳥の会議

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

河出文庫
鳥の会議

  • 著者名:山下澄人【著】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 河出書房新社(2017/04発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784309415222

ファイル: /

内容説明

ぼくと神永、三上、長田はいつも一緒だ。ぼくがまさしにどつかれて左目を腫らしたと知ると、神永たちは仕返しにゲーセンに向かい、教師や先輩からの理不尽には暴力で反抗する毎日。ある晩、酔った親父の乱暴にカッとなった神永は、台所に2本あった包丁を握る。「お前にやられるなら本望や」そう言い放つ親父を、神永は刺すのだが……。
痛みと苦味のなかで輝く、少年たちの青春群像。
◎解説=町田康

「悲しみのなかを漂う優しさには暴力の気配がたちこめる。」

「読者の魂に素手で触れてくるような小説である。」

「私は魂が振れた。」

――町田康氏(小説家)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sin

81
ワルではないが、やんちゃな悪たれが語る事どもは、彼の視点や空想の垣根すら越えて、その友達それぞれの立場に成り代わったり、ましてや敵対するグループの誰それになったりするから、何だかとても浮遊感を感じてしまう。お祖母ちゃんが現れてからはそこに時制を越えて人生まで感じさせられてしまうからやっかいだ。人生の終焉を迎えてまるでフラッシュバックのように懐かしい場面が立ち返る。親しい人たちが現れる。消えて逝く…読み解くつもりがいつのまにか共感している自分がいた。2017/09/19

メセニ

12
表題作がとかく素晴らしい。最初は「不良中学生の話か苦手やな」ぐらいの印象だったけど、途中からどうにも様子がヘンテコなのだ。考えてみれば序盤から、語り手=ぼくは何故だか”神の視点”のようなものを持っていてこれは妙である。中盤からは語りの輪郭はたちまち失われ、視点も時系列も突然散らばり脳内を「?」が行き交う。物語って一から十まで全部わかるとつまらないわけで、理屈を超えた体験こそが醍醐味だとするなら、この小説は読み手を思わぬ境地に連れて行く。読む行為や体験そのものが快感だなあと。2017/05/25

ぽち

11
山下さんの作品が文庫で読めるようになったのであの件もよかったなあとおもえた。この作品を未購入だったのはパラパラしてみてだいぶ白かったからだ、短い会話文、改行改行、文字数が少ないと割高感を感じる、税抜き価格÷文字数、、、表題作は小説と戯曲の中間くらいの感じで、併録されている「鳥のらくご」はそれに散文詩の感じをあわせた感じ。表題作は中盤くらいから内田百閒の「花火」や「冥途」を思わせる。河岸を覗く。自己と他者を隔てる輪郭があいまいになる。2017/04/27

オスカー

8
読みにくいわけではないし、難解というのとも違うけれど、わかりにくいというか、登場人物の男の子たちの心境がわからない。こんな俗にいう不良な男子たちが自分が学生の頃にまわりにいなかったし。時々会話だけで進む場面があり、そこはとてもリアルに感じた。「鳥のらくご」は表題作からだいぶ大人になってからの話みたいだけれど、頭でかんがえていることがそのまま文章になっているような。ヤク中なのか?と考えてしまった。全体的にヤンキー漫画の世界に近いのか?「らくご」は落ちこぼれ的な意味もあるのか? 期待しといた内容と違った。2017/03/28

みほ

3
「Share」しません、「共感」もできません。 しかし、山下澄人の側にいて、海から、空から、彼岸から、壁のなかから語られる彼の言葉をずっと聴いていたいなあとおもう。 みんな可愛い子だった。会ってみたい。 町田康さんの解説がまた素晴らしい。2018/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11564040

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。