山と溪谷社<br> ヤマケイ文庫 新編 西蔵漂泊 チベットに潜入した10人の日本人

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,210
  • Kinoppy
  • Reader

山と溪谷社
ヤマケイ文庫 新編 西蔵漂泊 チベットに潜入した10人の日本人

  • 著者名:江本嘉伸
  • 価格 ¥968(本体¥880)
  • 山と溪谷社(2017/03発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

仏教の経典を求めて、あるいは僧院での修学に、そして国の密命を帯びて、鎖国状態のチベットに潜入した10人の日本人を、新発見の資料と現地を含めた取材で探ったドキュメンタリー。
当時のチベットの特異性と歴史に翻弄された日本人の稀有な体験を著わしたノンフィクション。

なかでも仏教の原典を求めて潜入した河口慧海や能海寛、青木文教などの稀有な旅やその足跡をたどりながら、鎖国時代のチベットの特異性を随所に盛り込む。
一方、野元甚蔵と西川一三は、ともにモンゴル、チベットの草原でモンゴル人になりすまして特務機関の研究生として生き抜き、帰国後の不遇な時代、晩年の知られざる日々などにも言及される。
10人が実践した旅はそれぞれにきわめて稀なものであったが、そのなかでも特に象徴的な体験をした河口慧海らに焦点をあて、2冊の『西蔵漂泊』を大幅に再構成、さらに最近の動向も含めて加筆、1冊に再編集、なによりも読みやすさを心がけた。

当時のチベットの特異性と歴史に翻弄された日本人の稀有な体験を著わしたノンフィクション。