新装版[現代訳] - 職業としての学問―格差が身近になった現代に「働く意

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,188
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新装版[現代訳] - 職業としての学問―格差が身近になった現代に「働く意


ファイル: /

内容説明

姜 尚中さん絶賛のロングセラー新装版!

「三浦さんによる絶妙な現代訳が出て7年近く、
『職業としての学問』は、日本の働き方革命を考える最良の羅針盤になるに違いない。
何のために働くのか、それを知りたい人は読むべし」

巻末に、三浦 展 × 姜 尚中・特別対談を収録!

【著者紹介】三浦展(みうら・あつし)

1958年生まれ。82年、一橋大学社会学部卒業。卒論はマックス・ウェーバーの宗教社会学をベースにした「現代文化の無意味化と無価値化」。同年、株式会社パルコ入社、時代分析雑誌「アクロス」編集長を経て、90年、三菱総合研究所入社。99年、カルチャースタディーズ研究所設立。消費社会、若者の価値観、郊外化、階層格差などを広く分析。著書に『下流社会』『第四の消費』『「家族」と「幸福」の戦後史』『ファスト風土化する日本』『昭和の郊外』『東京は郊外から消えていく!』『働く力』『下流大学が日本を滅ぼす!』『日本若者論』『仕事をしなければ、自分はみつからない。』など多数。

【目次より】

[現代訳]職業としての学問

[特別対談] 姜 尚中×三浦 展
●漱石とウェーバーが心を病んだ理由は同じ?
●なぜマルクスではなくウェーバーなのか
●ウェーバーの死んだすぐあとにヒトラーが出てくる
●仕事とは「雑務」である。「にもかかわらず」
●今、まじめな学生がいちばん浮かばれない