電撃文庫<br> 暗極の星に道を問え

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
暗極の星に道を問え

  • 著者名:エドワード・スミス【著者】/クレタ【イラスト】
  • 価格 ¥671(本体¥610)
  • 特価 ¥201(本体¥183)
  • KADOKAWA(2017/04発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 25pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784048925457

ファイル: /

内容説明

人々の期待を背負って、強大なる魔王を討ち果たした少年、トウカ。しかし、彼に報いるべき王家は非情にも裏切り、少年の命を奪い取ってしまう。この日、ひとりの勇者が死んだ――。宇宙に漂う巨大な竜骸で形成された惑星。そこに生まれ、数奇なる運命に導かれる、かつて勇者と呼ばれた少年の物語。復讐の刃とともに厳しく荒れ果てた地を彷徨う彼の行く手に、希望という名の光明は差すのだろうか? いま、禁断の叙事詩(ファンタジー)が、紐解かれる――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

32
魔王を倒し王国を救った筈の勇者が、救った王国からの裏切りに会い殺されかけるところから始まる復讐ファンタジー。手堅く纏まっているので良くも悪くも安定感のある作品ですね。魔王の娘と平民の母を持つ王族の女の子。そして敵側にはかつての味方だった傲慢な王子とキャラ配置も分かりやすく、展開もシンプルなのでサクッと読めるのは魅力的だと思います。ただバトル等も含め全体的に盛り上がりが少なく、平坦なのは残念だったかな。因縁の敵との最終決戦はもうちょっと派手さがあっても良かったんじゃないかと。次巻は多分読む。2017/02/12

しぇん

10
魔王を倒して凱旋した勇者が邪魔になった王家に裏切られ殺されかけた所から始まる復讐物。復讐心に燃えていても理性のが上回っているので、良くも悪くも落ち着いた物語になっている感じでした。派手な展開もおきてるはずなのですが、何か地味というか。続きは気分次第で。2017/02/11

HANA

9
勇者として活躍した主人公が王族に裏切られ、今まで敵だった相手と一緒に復讐を行う話。ご都合的な展開が多かった感じではあったけれど、展開自体は面白い。またキャラクターもそれぞれしっかり特徴があって分かりやすかった。2017/03/08

真白優樹

9
魔王を倒した勇者の少年が、王家に裏切られ始まる物語。―――復讐の道行きは誰に問う、巨大なる骸は何を返す。復讐に身を落としながらも、どこまでも何かに誠実に突き進む少年。そんな少年を魔王の娘は仲間として認め、王女の少女は心を痛めながらもその道から連れ戻すべく、覚悟を決める。姿を消した太陽の剣を追い、突き進む先とは。全体的には王道的な復讐系ファンタジーといった物語であり、シンプルながらも奥深い世界で、分かりやすい、だがそれぞれ魅力的な人物達が踊る物語である。太陽の導く先、魔王になった少年はどう進むのか。2017/02/12

尚侍

5
とっても面白かった。転生要素のないファンタジー作品は最近めっきり少なくなってしまいましたが、やはりしっかりと描かれたものは転生要素がなくても十二分に面白いですね。話のテンポがやや早く、この展開でどうやって続きを描くのだろうと思っていたのですが、最終的な落としどころがうまかったのでまだまだ続けられそうですね。ただ復讐要素だけでは話が続かないと思うので、それを踏まえた上でどのように作品の幅を広げてくるか、作者の力量に期待したいです。2017/02/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11452102

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。