FEEL COMICS swing<br> 雑草たちよ 大志を抱け

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

FEEL COMICS swing
雑草たちよ 大志を抱け

  • 著者名:池辺葵
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 祥伝社(2017/03発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784396766986

ファイル: /

内容説明

いつか、この日々を忘れたとしても、魔法の言葉が私を生かし続ける。『プリンセスメゾン』の著者が描く、地方都市に生きる女子高生達の切なくも可愛い青春群像劇。 たえ子:成績トップの転校生。マラソンが苦手。家でも学校でも寡黙。 久子(ひさこ):読書や分筆を好む文学少女。毛深いのがコンプレックス。 ピコ:徹夜でゲームをして目にクマができがち。がんちゃんの膝によく座る。 ひーちゃん:がんちゃんを毎朝迎えに来る幼馴染み。基本無表情。足が速い。 がんちゃん:朝に弱い。おしゃれが苦手。心配性で誰にも優しい女の子。 「素直になったら恥かくだけや。私は鋼鉄のバリアで自分の心を守るんや」地味で平凡な女子達にとって、人生はかくも厳しきもの。けれど時に、友人の言葉が生涯を照らす魔法に変わることもある。苦味も優しさも抱き込んだ目映い青春を描く傑作連作集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

99
地方の女子高生の日常を描いた連作コミック。特に真新しいところがあるわけではないのに、心に強く響く。この本が好きで好きでたまらない。登場人物の久子とかピコとか自分の妹のように感じた。多分自分の高校時代に重ね合せて読んだのだろう。男女の違いはあっても、ここに出てくる女の子たちと似たような経験を共有しているのだ。彼女たちの喜びや悩み、友情がまぶしい。読みながら高校時代の友達のことを懐かしく思い出したりもした。ピコの家族のことが描かれた四話が一番好きだ。蝶が飛び立つ最後の場面に、深い余韻がある。2018/02/24

Nao Funasoko

48
「このマンガがすごい2018」のベストテンでとうとう一作も読みたい作品がなくなり「マンガ読みもそろそろ終わりなのかな」と思っていた矢先、新聞書評で気になり読んでみた。 地方の女子高生たちの何気ない日常の一瞬一瞬にきらめきがある。が、そこにスポットをあてる物語でもない。これは平凡で瑞々しい季節が遠く過ぎ去ってしまったものたちが感じるノスタルジーなのか、それとも同世代の同性たちにも響くものなのか。後者であって欲しいと秘かに想う。 まだまだこんな佳作に出会えるのだからマンガ卒業は今しばらく先にすることとしよう。2018/01/15

わい

38
表紙から、ピコが主人公なのかと思ってたら違った。ひーちゃんカッコいい。惚れる。ひーちゃんと指揮者の彼の話はきゅんきゅんしてしまった。プリンセスメゾンの伊達さんを思い出すな。恋愛模様を書いてはいるけれど、それがメインでもなく、定型でもなく…。キラキラ系でもない女の子たちの、等身大の、やさしいお話でした。それぞれのキャラがそれぞれの考えを持って、物語の中で正解を出さない、おしつけがましさのなさが心地よい。以下、コメント欄に他の池辺葵作品との比較など。2021/04/29

ぐうぐう

32
そう言えば、とタイトルを見て、気付かされる。池辺葵の漫画は、いつだって雑草のような人達を描いてきた、と。ヒマワリや薔薇のような派手さはないけれど、雑草にもそれぞれ個性がある。そして、ここまで育ってきた過去がそれぞれある。それを池辺葵は、あからさまにではなく、さりげなく読者に伝えようとする。地方都市に生きる女子高生達の絆は、控えめだからこそ、心に響いてくる。控えめだからこそ、誰もが思い当たる。そう、雑草だった頃の、あの気持ちに。2017/02/11

メイ&まー

23
地味で平凡な方が人生は厳しかろうか。そんなこともないと思うけれど。やっぱり池辺さんすきだなあと思える1冊でした。泣くやつがあるか。いえやっぱり涙が滲んでしまう。ピコのママはどんな恋をしたんだろうなあ。あんな風にはなかなかなれないなあ。憧れるようなちょっと憎らしいような。2017/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11468542

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。