グーグルに学ぶディープラーニング

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

グーグルに学ぶディープラーニング

  • 著者名:日経ビッグデータ【編】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 日経BP(2017/01発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 540pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822236861

ファイル: /

内容説明

囲碁のプロ棋士に勝つ、クイズのチャンピオンに勝つ──、人工知能(AI)はこうした特定分野で象徴的な成果を上げてきました。しかし、最近ではAIが人々の生活や経済活動を改善して、世の中を変えていく可能性を示す実例が次々と出てきました。

例えば、米グーグルは、AIを使った「Google翻訳」の精度を大きく改善し、長年「実用的ではない」と言われてきた機械翻訳を日常生活では十分実用的なレベルへと引き上げました。また、同社はデータセンターにおけるサーバーなどの冷却電力を40%も削減しました。これもAIを活用して空調や窓の調節・開閉など約120の要素を制御し最適化した成果です。

大手IT企業は次々と、画像認識、音声認識、翻訳といったAI機能を安価に提供し始めており、いわば「蛇口をひねればAIがすぐ使える」時代が間もなく到来します。

このAIの進化をけん引するのが、脳の神経回路が仕組みの原点にある「ディープラーニング」という技術です。本書では、グーグルのエンジニアらへの取材に基づき、このディープラーニング技術をやさしく解説。また、将来のビジネスがどう変わるのか、グーグルのサービスや日本企業の取り組み事例から探るとともに、その未来の姿に迫ります。

序章●ディープラーニングがすべてのビジネスを変える
1章●超入門 人工知能と機械学習とディープラーニングはどう違う?
2章●入門  ディープラーニングの仕組み
3章●グーグル事例編 グーグルのディープラーニング活用事例
4章●企業事例編
5章●活用フレームワーク編
6章●将来展望編 ディープラーニングが課題を解決する未来へ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

102
最近、AIということで第3次ブームになっているようです。その中の一分野であるディープラーニングが中心になるということで、この本ではそのグーグルのクラウドサービスを中心とした事例が書かれていてわかりやすく感じました。まだあくまで試行段階というようなものが多くこれからの利用者サイドのニーズ発掘がキーポイントになる気がしました。2017/06/13

たかひこ

28
Googleの製品をごり押しする訳でもなく、人工知能とはなんぞやっていうのを再度整理出来たのが非常に良かったです。あと、企業が人工知能を導入するにあたって、どういった事が必要かを明記していた点も良かった。人工知能は決して魔法の杖ではない。現時点ででの費用対効果はもちろん見極める必要があるが、それだけでは不十分。人工知能を導入して将来的に自社のビジネスをどう広げていくかを、しっかりと考えなければならない。そういった意味でも自社の未来を考えることが、今後、より重要になってくると感じました。2018/03/15

Tadashi_N

28
人工知能が現在の業務改善に役立ちそうな感じがする。段階的な導入になりそう。データの相関把握は、サイエンス。2017/06/29

Susumu Tokushige

25
知人の会社の社長への、人工知能ビジネスの説明の為に再読。お昼に近所の本屋で購入(以前持っていた本は東京出張中)。人工知能の説明と、グーグルのディープラーニング活用事例が分かり易い。日本企業の事例(安藤ハザマの岩盤硬さ判定、オークネットIBSの車写真で価格判定、エアロセンスのドローン空撮データ活用、Peachの24時間運行案内、三井住友FGのカード不正検知)は、イメージが付きやすいので良さそう。『活用フレームワーク編』の章で、目的(コスト削減、新ビジネス創出)や人材配置について掲載しているのも参考にしたい。2017/07/25

Susumu Tokushige

24
人工知能関連の情報収集を目的として読む。ディープラーニングについて、数式を使わず図や解説だけで説明している本。毎回、あの数式やら階層やらの説明で挫折していたので、やっと理解できたような気がする。ディープラーニングで画像認識が向上したことは知っていたが、手書きの絵を認識したり、動画の口の動きで言葉を認識(読唇術)まで出来るようになっていたとは驚いた。それらのディープラーニングの成果を使えるAPI(画像認識、音声認識、文章認識、翻訳)が公開されているとか。高度な技術が簡単に使えるようになるなんて、凄い世界だ。2017/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11291663

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。