集英社オレンジ文庫<br> 僕たちは同じひとつの夢を見る

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

集英社オレンジ文庫
僕たちは同じひとつの夢を見る

  • ISBN:9784086801096

ファイル: /

内容説明

この世界とは違う次元にある、別の世界。北関東にあるだいば市は、そうした世界との壁が薄くなりやすい特異点だ。だいば市には、異世界からの来訪者が生活していたりもする。提波大学に通う遠流(とおる)は、昔から幻を視てしまう体質に悩んでいたが、それが異次元世界を視ていたことを知り、異次元世界人との共生を推進する機関でアルバイトをすることになるが……? 【目次】1 これは『あれ』だ!/2 だいばの怪/3 初出勤/4 手をつないで輪になって/5 転がる石のように/6 霧の壁の向こう側/エピローグ

目次

1 これは『あれ』だ!
2 だいばの怪
3 初出勤
4 手をつないで輪になって
5 転がる石のように
6 霧の壁の向こう側
エピローグ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

41
事象がわかりにくい。わたしにはとてもイメージしづらい世界観だった。そこが残念。2016/11/19

ダージリン

25
異世界を見てしまう体質に悩まされ、自分の居場所を見いだせなかった遠流は、自分にしか見えないはずの幻覚がクラスメイトの百瀬くんと体験を共有でき、それがきっかけで世界が一気に広がっていくのにぐっと引き込まれました! 共生推進課とかいいなあ(笑)。遠流たちの活躍をもっと読みたいので続編希望です~♪2017/01/15

波璃子

18
不思議な世界観が良かったです。アンリがかわいい。さらっと読めた。1冊に収めるということで兼ね合いもあるんだろうけど、この世界をもう少し味わっていたかった。続きとかないのかな。2016/11/28

しましまこ

12
異次元交差点だいば市に行きたいよ~!ユニコーンの群れ!!黄金ささみ貢ぎます。アンリさんハイタッチしてくれないかしら。2016/11/23

getsuki

10
自分の居場所を見つけられずにいた主人公・遠流の成長物語。ユニコーンを始め、説話や幻想世界の住人があれこれ登場するあたりは縞田さんらしいですね。アンリのもふもふは癒しだ(笑)綺麗に一冊で終わっているけれど、もう少しこの世界が読めたらいいな。2016/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11224127

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。