今、ここを生きる ──新世代のチベット僧が説くマインドフルネスへの道 - 本編

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

今、ここを生きる ──新世代のチベット僧が説くマインドフルネスへの道 - 本編

  • 著者名:ヨンゲイ・ミンゲール・リンポチェ
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • パンローリング(2016/12発売)
  • 山の日の3連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/10)
  • ポイント 375pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

瞑想と脳の関係を科学する
 「地球上で最も幸せな男」との異名を持つ著者は1975年にネパールで生を受けた。チベット以外の場所で修行した新世代の僧侶として注目される第一世代だ。

 氏の修行は順風満帆ではなく、パニック症候群に陥ったのち、好意的な師僧たちに怯えたりもした。それは6~12歳ごろのことだった。

 仏教を学ぶ目的は、やすらぎ・幸福感・自信などを養い、不安・絶望感・恐怖心などを避けるためである。氏は真逆の状態だった。しかし、さまざまな方法による瞑想の指導を受けることにより克服していった。その後、正式に仏教の修行を開始する。それと同時に人生が好転し始めた。

 しかし、仏教の理論は一般的には分かりにくいものである。文化が違えば尚更である。存在しない単語もある。その解説や証明は、仏教の修行に興味をもった科学者たちの協力により解決された。仏教と西欧科学が協力し合い、データ収集し、より理論的に説明できるようになった。瞑想と脳の働きなどは、ぜひ、参考にして欲しい。

 皆が日常をより豊かに生活していくために、幸福レベルを高めることが、本書の目的である。

 人間の可能性を十分に実現してもらえれば幸いである。