IoTデバイス設計・実装 - AVRマイコンとPythonではじめよう

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,530
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

IoTデバイス設計・実装 - AVRマイコンとPythonではじめよう

  • 著者名:武藤佳恭
  • 価格 ¥2,530(本体¥2,300)
  • オーム社(2016/12発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 690pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784274217906

ファイル: /

内容説明

IoTデバイスを設計する企業のエンジニア、電子工作ユーザを対象に、実例を交えてIoTデバイスの設計・実装を解説。

汎用CPUとオープンソースを活用して簡単にIoTデバイスを開発しよう!
 近年,注目されているIoTのデバイス製作のための解説書です。本書は、IoTデバイス設計の実践的な入門書として、IoTデバイスを設計する企業のエンジニア,電子工作ユーザを主な読者対象に,実例を中心にIoTデバイスの設計・実装をわかりやすく解説します。
 ハードウェアにはArduinoに使われている汎用性の高いAVRマイコンを用い,言語には初心者教育に定評のあるPythonを用います.AVRマイコンはWeb上にたくさんの情報がありますから初心者がつまずいても安心です.Pythonには多くのライブラリがありますから,機械学習や画像処理といった難しいアルゴリズムが理解できなくても実装可能です.
●本書のPoint
・AVRマイコン(Arduino)と各種センサ,オープンソースを活用することで,回路設計のノウハウだとか,センサの特性だとか,通信プロトコールだとかといったややこしい基礎知識がない初心者でも,数時間で,簡単にIoTデバイスが設計・実装できるようになる!
・Pythonライブラリであるscikit-learnやOpenCVなどのパッケージを利用して,中身が理解できない初心者でも,最近話題の機械学習や画像処理を簡単に実現することができる!

目次

Chapter 1 IoTデバイス設計のための開発環境を整えよう
Chapter 2 IoTデバイスのハードウェアとインターフェイス
Chapter 3 IoTを構成するオープンソースソフトウェア
Chapter 4 Pythonの設定と機械学習
Chapter 5 Pythonを使った画像処理(OpenCV)
Chapter 6 Pythonを使ってクラウド活用
Chapter 7 Pythonを使ってスマートフォン活用(SL4A)
Chapter 8 3つの音声認識(Windows,Android,Raspberry Pi2)
付録 Pythonで簡単なGUI

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MATSUDA, Shougo

37
図書館本。IoT実践学習という点ではしっかり手順細かく纏めてくれていて初学者実践に向いてると感じました。2021/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9894513

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。